SchoolLogo
 

 
草高インフォメーションをすべて表示するには、カテゴリは選択せず、表示件数を「すべて」にします。
 
草加高校の教育活動
今日の草加高校 >> 記事詳細

2018/11/13

1学年進路行事 図キャンプ

Tweet ThisSend to Facebook | by 1学年
本日は5・6限を使い、1学年進路行事として図キャンプを実施しました。
図キャンプとは大学生に来校してもらい、大学の授業やサークル活動、大学生活などさまざまな話をしていただきました。
どのブースでも生徒たちは真剣に話を聞いていましたが、時折大学生の話に笑顔がこぼれたり、質問にも積極的に答える様子もありました。
以下は各ブースの様子です。



3人の大学生の話を聞くことができ、大学生にあこがれを持ったり、勉強のモチベーションアップにつなげることができたようです。
16:22 | 投票する | 投票数(2)

草加高校の学校だより等

草高インフォメーション
12345
2017/03/26

第1学年保護者 様対象臺灣修学旅行説明会

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

 本校の視聴覚室において、平成29年3月26日(日)①1~3組保護者対象09:00~10:30迄、②4~6組保護者対象11:00~12:30迄、③7~9組保護者対象13:00~14:30迄、3回に分けて、「平成29年度 臺灣修学旅行(実施予定)」の説明会を開催しました。会場は、埼玉県立草加高等学校 2階視聴覚室です。

 内容は、JTB関東 法人営業埼玉南支店 ご担当の石黒 睦 様による、①修学旅行日程について、②パスポート申請について。校長 木田一彦による、③臺灣の概要説明について、④海外旅行傷害保険について、⑤海外における事故事例及び生徒の体調維持管理について、等をPowerPointを使い説明しました。説明後、質疑応答も行いました。第1学年(新第2学年)対象生徒人数は、310名です。

 今回の臺灣修学旅行説明会以前に、校長 木田一彦によるガイダンスを平成29年1月23日に行い、第2回目が平成29年2月6日頃、臺灣観光協会・臺灣交通部観光局発行のDVD(川口市立川口高等学校(当時木田一彦校長)が平成24年10月実施分)を見たガイダンスをすでに行っております。 

 過去草加高校は海外修学旅行を経験しております。臺灣へ2回、グアムへ1回でした。今回の保護者対象の「臺灣修学旅行説明会」の大きな特徴は、旅行医学的なことや海外旅行で怪我や病気に備える保険について、本校が行った海外修学旅行事前説明会では説明していないことを行います。この説明においては、他校でもあまり例もなく、本校では初となります。このことは、校長自ら、埼玉県立高等学校初の海外修学旅行を立ち上げ、過去3回海外修学旅行引率責任者の経験に基づくものです。

 具体的には、①生徒が持参する薬について、常に常用している薬は持参し、そのほか、「あったらいいな」というものも説明します。海外の油は、日本と違います。それに対応する薬やアレルギーの生徒がいますので、その対応もします。②臺灣滞在中、実際に病院に行き診察した実例。また、ほかの実例に基づき、どのくらいの治療費がかかったか。③機内に携行するものの手続き。などについて説明しました。

 「保護者の多くは、皆様の大切なお子様が親元を離れ、初めて海外に行かせるわけです。不安も多くあり、それを少しでも解消できれば、安心して臺灣への修学旅行に送り出せる。」と校長は言っています。
 また、校長は、台北市内の本物の地下鉄のトークンや一日乗車券を提示して説明をしました。

 なお、保護者様の出席率は、83.8%です。
 本校の桜約30本ありますが、一部の桜が開花しました。春の訪れです!

  



 


16:43 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
12345