SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 
女子テニス部 >> 記事詳細

2017/08/08

国公立大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 女子テニス部顧問
 第6回国公立大会が8月7日(月)に大宮第2公園で開催されました。この大会は団体戦でシングルス3ポイント、ダブルス2ポイントの計5ポイントで勝敗を決定します。草加高校は1回戦で杉戸高校と対戦しました。シングルス1には鈴木千彩乃(2年)が出場しました。7月のシード戦では1回戦で勝利していたので接戦を期待していたのですが、普段の力を全く発揮することができず1-6で敗れました。「緊張して自分のテニスができなかった」とのことでシード戦の経験を生かすことができず残念な結果となりました。ダブルス1には川島・広瀬(2年)ペアが出場しました。4-5とリードされながらも5-5に追いつき、最後はタイブレークにまでもつれる接戦となりました。ここで2人とも持ち前の粘りを発揮し、タイブレークは7-1で奪い勝利をあげました。これで1-1に追いつきました。シングルス2は主将の荻沢(2年)が出場しました。荻沢は5日の練習試合で足首をひねってしまったので心配でしたが、学総大会の団体戦も経験しているので、いつも通りの落ち着いたプレーでした。2-2から4ゲーム連取し6-2で勝利しました。これで2-1とし勝利に大手をかけました。ダブルス2には下條・小川(2年)ペアが出場しました。前日の部内戦では調子が良かったので期待したのですが、前衛の活躍が通常ほど見られず3-3から3ゲーム連取され3-6で敗れました。シングルス3には田中(2年)がダブルスとほぼ同時に試合に入りました。どちらかが勝てばチームとして勝利できる状況だったのですが、大事なところでダブルフォルトが出て波に乗ることができませんでした。シングルスも3-3から連取され3-6で敗れ、ポイント2-3で敗退しました。今回、あと一歩のところで勝てなかったことを次の団体戦に生かして行きたいと思います。暑い中、応援や差し入れを下さったご家族の方、本当にありがとうございました。
09:02