SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 
写真部 >> 記事詳細

2016/02/03

優秀賞をいただきました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
 祝 関東大会 優秀賞!

第22回関東地区高等学校写真展 栃木大会(以下;関東大会)が先日開催されました。
1都7県(含:山梨)から各19~20点ずつ、計158点が出展され、内20点が優秀賞を受賞しました。優秀賞は、写真展の審査委員ならびに講演会の講師をつとめていただいた写真家 ハービー山口 先生により選出された作品です。
今回の関東大会で、草高写真部の作品が見事、優秀賞に輝きました。

我々は諸行事が実施される1月31日(日)に会場に向かいました。その際受付で受け取った目録に受賞の記載があり、このときはじめて受賞の事実を知りました。顧問はよろこびと驚きとが錯綜し、にわかには信じられませんでした。作品が展示された場所にいき、確かに受賞の札が貼られているのを5名の部員共々皆で確認し、確信に至ったほどでした。
すでにお知らせしましたが、今回の作品は5名の部員による共同制作による組写真です。当日実施された表彰式では登壇したのは部長でしたが、表彰状授与の際には5名全員の氏名が呼ばれ、皆、一生の良き思い出となったことと思います。展示会場でも5名全員の氏名を掲示していただきました。細かな配慮をしてくださった栃木県の関係者の方々に、あらためて感謝を申し上げます。

表彰式後の講演会で優秀賞の作品がすべて紹介され、ハービー山口先生が一つ一つの作品について丁寧な講評をしてくださいました。草高の作品の紹介の際には講評とともに組写真についてのいろいろな話も含め我々が知らなかったことが多く紹介され、顧問、部員共々あらためて勉強になりました。他にも先生の作品の紹介や写真に向かう時の大切な心構えなど、どれも全てが感動的な内容でした。
講演会後展示会場において、先生から個々の作品の講評をしていただける機会が設定され、我々も講評をお願いしました。その際に草高写真部は作品の内容へのお言葉とともにチームワークの良さをほめていただきました。部員たちには間違いなく大きな自信につながったと確信できた瞬間でした。

高校写真部による共同制作の組写真としての最高ともいえる栄誉に輝いたとは思いますが、まだまだ満足していません。
昨季限りでユニフォームを脱いだ原 辰徳氏が現役選手を引退する時に、確か「夢には続きがあります」と語ったと記憶しています。この記憶に間違いがなければ、この言葉はまさに今の草高写真部も同じです。
いまだ達成していない、また、二十数年間空白となっているさらなる大きな大会の出場に向けて、まだまだやるべきことがたくさんあります。



11:37