SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 

2015/12/03

大会終わって!県抽選会結果ナウ

Tweet ThisSend to Facebook | by 女子バスケ部顧問
東部支部新人大会が終了し、県大会の抽選会が行われました。大会は終了しましたが、県での戦いは既に始まっている訳です。また期末考査も迫ってきました。やるべき事は沢山です。高校生とは、多くを様々な物事から学び、成長する若者です。何に対しても、積極的にチャレンジしてほしいものです。文武両立!文武両道!!
我が草加高校女子バスケットボール部員は、今回の期末考査で『クラス上位獲得』を目指しています。現実はなかなか難しいですが、逆にチャンスは沢山ある訳です。
中間考査で駄目だった生徒は、より必死さ!努力!結果!!を求めて下さい。(この記事を掲載する頃は、週末前で考査でしょう!?から頑張れ。部活動は1週間前から休止中です)

考査1週間前の直前に、本校会場にて『中学校東部支部選抜選考会』及び高校生徒の練習試合がありました。また同時に草加西高校会場で『草加高校』『草加西高校』『市立松戸高校』『取手第二高校』の4校で練習試合がありました。(午前、午後とも1試合+2ピリオド分<B戦>)
選抜選考会では、さすがに各支部の選抜選手達だけあって、中学生ながら背の大きな生徒が多く、また小さくても巧みにボールを操る上手な生徒と、選考会の試合がとても中学生には感じませんでした。(県優勝チームも勢ぞろい)
本校に残って中学生と戦ったのは、我らが3rd、4thのメンバーです。どこまで戦えるか心配でしたが、2ピリオド分を×4本もやって頂いた様で、かなり鍛えられたと副顧問の千葉先生から連絡をもらい、少しホッとしました。(1セット目大敗、2セット目以降全て勝利)
草加西高校会場では、午前中に『市松』と対戦しました。夏から何度か練習試合をさせて頂いて、本当にしっかりしたチームです。波はありますが、基本的なプレイは相当強くしっかり身についている強豪です。(東部支部にいたら間違いなく優勝に絡むチームです)
出だしから、一進一退の攻防となりますが、草高C岡本さんの(なかなか直らない)ファウルが立て続けに起こり交代を余儀なくされ、厳しい展開となりました。が、そこで登場したPFの新井さんの活躍で、何とかついていける展開へ。
途中草高のペースが来て『ここで連続得点すれば離せる』と言う場面で、またもや昌平戦と同じような事が発生!!イージーショットミス、ドルブルミス、味方の背中に当てたパスミスが連続して起こり、逆に走られ、あっという間に41ー48と引き離されました。(このまま終了だな~と思いました)しかも残り24秒。
何とか、1本返して残り15秒で43-48。相手のスローインから始まり、当然パス回しで終了でしたが、草高の猛烈なプレスで、相手センター(キャプテン)がドリブルで逃げた先がセンターライン!そこだ!!と言わんばかりに追いかけてトリプルチーム!!(3人はいらないでしょう)となり、結果的にボールを奪い、何と3ポイントが決まり46-48へ。そのままダブルチームでプレスをかけ相手コートでバイオレーション草高ボールになり、残り8,1秒。
市松もチームファウル5個でしたので、ドライブからパンチアウトで3ポイント狙って、駄目ならREBとって2点をねじ込め!!の合図。ファウルが出来ない分、ドライブが容易になり、作戦通り残すはシュート!!何と、3ポイントではなく、シュートフェイクからのドライブ!??
『えっ』と思っていたらそのまま2点を決め48-48の同点で終了。
私としては負けてもいいから3ポイント勝負だっただけに、2点を取りに行った選手の気持ちが知りたかったです。(でもコート上で判断したことならば仕方がないかもしれません)
勝ちゲームを勝ちきれなかった市松の方は、悔しい感じでした。それはそうでしょう。勝つ試合展開でしたから。そんなこんなで、B戦は午前も午後も勝利し、収穫はありました。
岡本さんが大会の決勝リーグから、怪我を隠しながらプレイをしていたので(ちょっとわかっていました)これを機に完全に休養させました。やはり、現在の草高のエースは、彼女ですから!完全復帰して、成長結果を見せて欲しいですね!
午後の『取手第二高校』戦は、ただ一言ぼろ負けでした。体力がない。REBが午前と同じかそれ以上に取れない。やはり精神的にも鍛えられている取手二高は強かった。次回はリベンジへ向かいたいと思います。ちなみに草加西も市松にぼろ負けでした。(しかし取手二高戦では競っていました)・・・・・草加勢、しっかりしろよ!午後がだらしがない。
翌日の月曜日は、土曜日の振替で休日だったので、午前中3時間練習しました。
反省点を踏まえて、3時間ファンダメンタルのみを実施し、精神的な部分と基礎基本の部分を意識的なスタンスで行いました。みんな少しでも「前進」したいんですね。表情から伝わってきました。『しっかり、正しく実施する』を大切に考査明けの練習からまた取り組みたいと思います。
追伸1
県抽選会の結果は埼玉県高体連バスケットボール専門部をクリックすれば掲載されています。今回草加高校はシード校のため2回戦から登場です。
対戦相手は『大宮商業高校』or『所沢中央高校』の勝者となります。100%40分間出し切って、どの試合も勝利します。応援して下さい。
追伸2
草加高校希望の皆さん。勉強に必死で取り組んで頑張りましょう。4月から一緒にバスケットボールをするためにね!絵文字:笑顔


08:26