SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 

2015/12/14

期末考査が終わって!

Tweet ThisSend to Facebook | by 女子バスケ部顧問
みなさん、こんにちわ!
期末考査も無事に終了し、後は考査結果を待つばかり!各自クラス上位へ!と、文武両立を目標におき(学校の柱でもあるので)、取り組んだことだと思います。ま~結果は、努力した者についてくるものですから、考査については結果が大事ですよ、生徒諸君!!
さて、部活動が再開して翌日の練習を経て、東部支部中学校選抜(3チーム構成)と試合をしました。笑ってしまう位、走れませんでした。(当たり前ですが、試験休みがたっぷりだったので)しかし、それでも意地があるのか、DFで勝つ!事をこの練習試合の練習とし、取り組みました。競った試合も含めて、オール勝利!!(でも全然嬉しくありません)
とにかく失っている走力や試合勘、感覚を戻す事が大事でしたし、本当にダメダメでした。
中学校の先生方も、「あともう少しで勝利できるぞ~」という声援や指示、保護者の応援等が
飛び交っていました。その通りです。・・・・が、もう少しでした。
しかし、今の中学生は大きい選手が多い事にビックリです。高校生もかなり削られて、ヘロヘロになっていました。
翌日も2日続けて練習試合をしました。東京の『文京学院女子高校』と『江戸川高校』と試合をしました。(練習しろよって言われそうですが・・・汗)
練習の内容を、一新して取り組みを始めました。全ては県大会で目標を果たすためです。
その練習効果は、少しですが発揮されてきた思います。
DF面も、OF面も(まだまだ途中ですが)伝えたいことは理解してくれているようです。
文京には、ベンチメンバー全てで大差で勝利できました。江戸川高とは、以前からずっと戦ってきましたが、毎度毎度競試合です。今回も競試合となり、本当の『怒突き合い』となり、お互いヘロヘロになりました。が、2戦2勝し競試合を制しました。でも終盤の集中力を欠く場面は頂けません。復帰した岡本さんが『しっかりやろう、集中しろ!』と言ったことは大正解ですね。全員が思い通りには成果を出せませんが、それは個人が乗り越えるために必要な「壁」ですから、必死でその与えられた壁を「ぶっ壊して」欲しいです。
しかし江戸川高校も大きな選手ばかりで、羨ましいばかりでした。
次週は『大東文化大学第一高校』『飛鳥高校』と練習試合をします。第一高校は、東京4支部のうちでベスト8以上の実力です。どこまで通用するか?ではなく、通用する内容にするのが私のコーチングだと思うので、私も一緒に頑張ります。
追伸
1st選手だった1年生の森田さんが、ようやく怪我から復帰し始め、ジョギングを開始できるようになりました。1月にはギリギリ?まだわかりませんが、本人もじっとしているのが辛いらしく、少しずつ復帰に向けて動きはじめました。ようやくベストメンバーが揃える環境が整い始めましたが、けがの予防と発生は、(身体接触のあるスポーツでは)紙一重ですので、注意を払って取り組みたいと思います。
苦しみを最大のバネに変えて、目標達成を果たす!!この言葉をチームがしっかり根っこに持って、頑張ります。
受検生も頑張れ~!!
09:09