SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 

2014/12/22

茨城遠征ナウ!

Tweet ThisSend to Facebook | by 女子バスケ部顧問
20日21日(土・日)と茨城県竜ヶ崎第二高校へ遠征してきました。
20日の午後2時に学校を出発し、あっという間に3時30分頃到着。4時30分から練習試合開始となりました。
20日は竜二(略名)と石川県日本航空高校(略名;日航)と3チームで試合でした。
夏に新チームでお邪魔させて頂き、これでもかという位の負け方をしました。(当時はWC予選を控えた3年生がまだいましたからとにかく強い)
あれから4ヶ月経過し、どのチームも新チームで戦いました。この数日間は『対竜二』の対策を必死で取り組みました。ただ、この練習は、対竜二だけに使うわけではなく、1月から開始される新人大会(県大会)で発揮するためのものです。
どの程度通用するか、チャレンジでした。草高が試合する前に、日航と竜二が試合をし、ハーフゲームではありましたが、70-30位のゲームになっていました。・・・・・ハーフで70点オーバー!!相変わらず強いです。
日航も様々なOF(オフェンスの略)とDF(ディフェンスの略)を駆使して、戦っていました。背丈も大きく、モンゴルから来ている留学生もセンターで力強く、普通に強いチームです。
やはり竜二が、あの『オールコートプレス』を仕掛けてくると、運べない。
我々も緊張感満載で、竜二との試合に臨みました。あっという間に連続得点を許し、『今回も練習で取り組んだ事は無理かな』と思いきや、夏とは大違いの展開となりました。
ハーフゲームが終了するまでずっとセル事が出来ました。1ピリオドは24-25で勝っていました。(顧問が一番ビックリ)
2ピリオドも競りながらゲームが進みました。(しかし竜二は沢山の選手をどんどん使ってくるので、精神的な疲労は相当でした)こちらも2ndの5人を4点リードで投入しました。
2分間全くフロントコートに進めません。・・・・あっという間に逆転です。それでも2ndなりに取り組もうとし、いい場面もありました。あれを活かせる事が今後の一番の課題です。
スタートにも戻し、残り5分で15点差!それでも少しずつ追い上げる事に成功し、残り1分を切って5点差まできました。3ポイントをいい場面でキャプテンが2本放ちましたが、リングに嫌われ試合終了。(随分戦えるようになりました)
その後、日航と戦い、途中からリードする事ができ、50-30位で勝利しました。日航のモンゴル人のセンターが力強く、本当に手を焼きました。
21日は『麻生高校』が加わり4チームで試合でした。
話を短くするために要点だけお伝えします。
一番強かったのは『麻生』でした。竜二も日航も全敗です。草高もA戦は2戦2敗でした。(両ゲームとも3点差)あと一歩が届きません。センターの個人技、シューターの高確率3ポイントシュート、5人の速攻の早さと力強さ。現在のスキルでも戦える場面はありましたが、要所要所で決めてくる力の差が違いました。
この日の竜二戦は43-42で終了し1点差で負けたのですが、残り10秒パスカットから速攻で確実に得点を取れる場面で、『脚のボールを当ててしまうミス』が起きて敗退。・・・・やはり草高には、あと一歩の勝ちきる力が足りない感じです。
残りの練習時間で、修正し更に良い状態で県大会に臨みたいと思います。

最後に、今回の遠征で場所を提供して下さった、竜ヶ崎第二高校の顧問の【宮田先生】
本当にお気遣いありがとうございました。生徒達にも沢山声をかけてくれて、生徒が喜んでいました。同じく【中根先生】生徒と教員の食事のために、暇無く動き、指導し調理しとても美味しい食事で心から感謝いたします。

多くの学校が他県から遠征し、勉強していく意味がすごくわかりました。ただ強いチームではなくそこで教わっている生徒の礼儀や立ち振る舞い、気配りが無ければ、試合でも「考えるバスケ」は出来ませんよね。本当に勉強になる2日間でした。
26日に遠征で試合があります。今回の成果を更に向上した形で発揮出来る様に、頑張ります。
17:11