SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 

2015/04/07

春休み武者修行は!!

Tweet ThisSend to Facebook | by 女子バスケ部顧問
みなさん、こんにちは!!
この春休みは『武者修行』へ沢山出向きました。今回はその結果や内容の報告をします。
3月は東京の強豪校を中心に練習試合を組みました。まずは『東亜学園』(東京都ベスト8)ですが、強烈に強い!!という印象より、選手層が厚く、各ポジションの控え選手まで、きちんとプレイが出来る!という印象でした。(勿論上手いです)3回ほどハーフゲームをしましたが、全く勝てませんでした。その日は『桐生女子』ともゲームをし、同じような力でお互い「ミス」の一本で勝ち負けが左右しました。東亜学園はさすが東京都ベスト8です。また挑戦します。
次にUA&VACUP in SAITAMAで戦った、『矢板中央高校』『麻生高校』『福島東高校』『下館第二高校』『昌平高校』『和光国際高校』と対戦しました。
矢板中央高校(栃木県ベスト8)はいつもとプレイが違い、変化が見られました。強くなっていました。1勝1敗でした。麻生高校(茨城県ベスト4)には闘えても1度も勝てませんでした(苦手意識があるのかな?)
福島東、和光国際高校(県ベスト4)には勝利できましたが、ハーフゲームですからね。昌平高校(東部チャンピオン)とは午前中に1試合(ハーフ)をして、1ピリオドのリードを保ち勝利しました。が、午後の試合では、大敗しました。(さすがに本気を出すと強い!金太郎飴の様に出場選手の切れが良かった)3日目に下館第二高校と対戦しました。1人上手な選手がいて、出だし手こずりましたが、きっちり勝利!!
この大会で戦えなかった新潟商業高校とは、次回の機機会で戦いましょうと、顧問の北先生とは約束しました。(新潟ベスト8です)
27日午後は、『秋草短期大学』に招待され、東京の『広尾高校』『富士桜高校』『秋草短大』と試合をしました。広尾高校(東京都でベスト8~16)には180㎝の選手が2人いて、しかも1人は3ポイントが打てる選手でした。途中引き離され、でも粘ってDFが機能し始め、4点、3点差まで詰め寄るも、その後のシュートが決まらず敗退。富士桜高校では、序盤草加高校のスタート陣が腑抜けたプレイをしたので、2ndチームで戦いました。勿論相手の方が大きく、上手?で、20点差まで開きました。2ピリオドでスタートを戻し「しっかりやらんか~!」と激を飛ばし送り出すと、あっという間に追いつき、逆転し勝利。・・・・・本当に、ゲームの入り方が下手で仕方ありません。
最後に試合は無かったのですが、主催者にお願いして秋草短大のスタートと10分間だけゲームをしました。終始草加高校の取り組んでいるプレイが展開でき、秋草短大に(10分間ですが)勝利する事が出来ました。(しかしゲームの入り方や動き方に問題だらけ)
連日の遠征や練習試合で疲れているのはわかるのですが、それは他のチームも同じ条件です。言い訳にはなりませんし、してはいけません。逆に求めて試合に出向いてくれなければ、求めている結果には辿り着けません。
次は地元中学校の『新栄中学校』と対戦しました。草加市内では敵無しのかなり力のある中学です。(私はそう思ってみています)
レギュラーフルゲーム、控え選手ゲーム、レギュラーゲーム、控えゲームの繰り返しを、8時30分~11時まで実施しました。
最初の試合では具体的な点数は覚えていませんが、80点台対30点台で終了し勝利しました。草高の2nd、3rd選手と中学生スタートでちょうどいい感じでした。
最後にスタートと中学生で10分間だけ試合をしましたが、36-0となり(勿論疲れが出ているのが全てです。新栄中はずっつスタート陣がゲームに出ていましたから)終了しました。
新栄中の皆さんへ!!
君達は強いですよ!自信を持て!!勝利にこだわれば、きっと求めた勝利は手にできると思います。顧問の先生が変わっても、言い訳せずに「勝利」にこだわれ!!
新栄中との試合の後、これまた招待を受けていたため東京の『高島高校』へ遠征に向かいました。高島高校とは直接試合はしませんでしたが、北海道ベスト4の『札幌創成高校』東京都ベスト8の『八王子高校』小平南高校』と対戦しました。試合を見ている限りでは、「凄い強い」・・・とは正直思えなかったのですが、(自分が馬鹿だなっと後に気づく)ゲームをしてみたら八王子、札幌創成共に、戦えたのは1ピリオドだけでした。走り方も、ぶつかり合いも、シュートの確立も、全てが2枚上手でした。各地区でベスト8やベスト4は伊達じゃありません。本当に自分達が弱く、今のままでは駄目だ!!をこれでもかと気付かせてもらえました。何を練習したらよいかはっきり見えてきました。(負けから学ぶ、そして勝利で更に学ぶ!です)
3月最終練習試合は、『浦和第一女子高校』でした。顧問の新川先生が転勤のため、毎年児玉で合宿し、県大会でもお互い鎬を削る戦いをしていたライバルです。新川先生最後の練習試合を草加高校としてくれたことに深く感謝して、この日を迎えました。
また『川口青陵高校』も一緒に試合をしました。一女の生徒のモチベーションはホームコートだからという訳ではなく、「草加高校に勝つ」という意識が全面に出されていました。試合はフルゲーム。接戦です。常に草加高校のリードではあるものの、10点差も開きません。何より一女の生徒が決して諦めません。さすが一女生です。最後までもつれるクロスゲームでしたが、最後は草加高校が逃げ切り勝利しました。新川先生、ありがとうございました。最後まで勉強させて頂きました。次回県大会で対戦したならば、更に差をつけて草加高校が勝ちますよ!大宮北高校でも、新川バスケを楽しみにしています。
4月も内容の濃い遠征が目白押しですが、長文にも飽きましたよね?まずはここまで。直ぐに次報を記載します。
15:32