SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 

2016/02/22

バイオレーラキャンプ

Tweet ThisSend to Facebook | by 女子バスケ部顧問
2月20日、21日土日の週末で、『第1回バイオレーラキャンプ』が開催され、草加高校も招待を受け参加しました。学期末考査1週間前最後の練習試合で、「成果」を求め、参加しました。
県内をはじめ、他県からも強豪校が参加し、2日間の熱い戦いを繰り広げました。
20日(土)は、「大宮南高校」「児玉高校」「日本航空山梨高校」「麻生高校」「矢板中央高校」と対戦しました。
1回戦は「大宮南高校」と戦いました。試合の入り方は、非常によかったです。OFでの得点も取れて、DFでの守備も良かったです。が、2ピリオドを2ndに任せたところ、20点差近い状況を保てず、33-32で逆転負けをしました。(・・・・1stでリードしても2ndがこれではチーム力は向上していないという証拠ですね)
2回戦は「児玉高校」と対戦し勝利しました。この試合では2ndも少しは機能し、チームの成長に乗る事が出来ました。(でもミスの嵐!!課題が空中に浮かんでいる感じです)
3回戦目は山梨県の「日本航空高校」で、身長が大きく対戦相手として、求めるチームでした。
序盤はREBの高さに苦しみましたが、対応が出来ると、ボールを拾い始め速攻に転じる事が出来ました。(でもOFREBを取られすぎです)
3回戦目は「矢板中央高校」と戦いました。毎年2,3回戦いますが、毎回イーブンな間柄でです。しかし、今年の矢板は強かったです。
ずっと同点でくっついていくのがやっとで、DFが悪い点もありますが、それでもDFが機能して動いている草高の選手を掻い潜ってこられる個人スキルの高さに敗退しました。高さもパワーもあり、栃木県ベスト4は伊達じゃありません。このレベルに勝てないと、県内の私学には決して「勝負」が出来ません。
4回戦目は「麻生高校」です。麻生は昨年茨城県のベスト4で、本校も何度か戦いましたが、勝てませんでした。今回も良いチーム状況で、昨年活躍していたシューターもいて、侮れませんでした。しかし今回は勝たせてもらいました。2ndも出場できる状況で勝利できたのは良かったです。4勝1敗
2日目は「久喜北陽高校」会場にて実施されました。(久喜高校会場、栗橋北彩高校会場、久喜北陽高校会場の3つ)
久北戦は全員出場できました。普段出場できない選手達も、そのレベルに応じて結果を出せた者、未だに未熟なプレイをする者と、いろいろでしたが、全員出場で勝利しました。
2回戦目は「矢板中央」戦第2幕だったのですが、やはり10点差が埋められません。負けです。
3回戦目は「大宮南」戦第2幕でした。これには勝利し、ここまでの攻守の舵取りは、選手共々理解は出来ていました。
問題は「矢板中央」戦第3幕目です。
リードし、逆転され、同点となり、リードのチャンスで「ありえないミス」(前の試合で同じミス)を連発し(繰り返しミスが止められない)結局、スキルの高い矢板の選手に、要所で決められ敗退しました。(ここなんです、このレベルで勝てないとダメなんです)
2勝2敗(矢板中央高校には3戦全敗) 
この結果を受け止めるために、22日(月)は朝から動き出しました。学期末考査1週間前ですので、放課後は部活動禁止ですので、朝練から走ってシューティング!!です。皆大変です。でも、目標があります。だから気持ちを持ってくれています。
私も毎朝叫んでいる『関東大会出場するぞ!』を叶えるために、今後も一緒に取り組みます。
今の目の色!を全員で保ち、文武両道の校訓をしっかり結果に出していこうと取り組みます。
追伸
受検生の皆さん。最後の最後まで『自分は受かる』の気持ちを忘れずに勉強して下さい。その気持ちはきっと結果に繋がるはずです。心が弱くなったら元気のです曲を聴いて下さい。
応援しています。
08:38