SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 

2014/10/14

新人戦を前に!!

Tweet ThisSend to Facebook | by 女子バスケ部顧問
皆さんこんにちは!!
各チームが練習と強化試合などに、日々精進している今日この頃、皆さんは「早く大会始まらないかな~」と、思いの事でしょう。しかし、この時期の大会には『中間考査』そして高校生活最大の行事である『修学旅行』が待ち構えています。
この2大行事をどううまくまとめるかで、大会の入り方や経過が変わります。
1年生などは、初めての経験となる『2年生不在練習』・・・・・心細いでしょう!たまりませんね、練習へのプレッシャーは!
しかしながら、毎年この1学年しか居ない時の練習で、下級生は大きく?成長します。(多分)
怪我人がいる都合上、5ON5は厳しいですが、そんな時は副顧問の千葉先生に活躍してもらい、練習したいと思います。
さて、今日までの草高女子バスケットボール部ですが、9月は地元中学校『新栄中』『瀬崎中』また『越谷中央中』『八潮大原中』『越谷光陽中』の1、2年生(現役)チームと練習試合を行ったり、合同練習でお互いの練習を、見合ったり教わったりしました。どれも充実した練習&練習試合でした。各チーム県大会へ出場したり、皆さん力をつけて、頑張って下さい。
特に「新栄中、小幡先生」「瀬崎中、中村先生」「中央中、蔵前先生」は県大会での活躍を期待しています。
さてさて早いもので、もう10月ですが、10月は高校生との強化試合を中心に行いました。
同じ東部支部では、『鷲宮高校』と行いました。鷲宮高校は、夏季の大会で『久喜高校』にブザービーターでシュートを決められ敗退し、苦く、悔しい思いをされたチームです。そこからの巻き返しを狙うために、初めて顧問の柳沢先生から練習試合を申し込まれました。
あまり、東部支部では練習試合をしないのですが、柳沢先生の真剣な押しに、『はい、やりましょう』と!
夏季大会での、久喜高校に途中まで勝っていた状況を見ていたので、『やばいぞ!力をつけないと負けるぞ』と我が選手達に言い聞かせてきました。
今大会に臨む我がチームのコンセプトは『必勝ディフェンス』です!!
攻めの守りで勝つ!!という目標を実現するために、夏の継続を実施してきました。
練習試合は1ゲームフルで行い、サード選手まで出場させる事が出来、100点ゲームになりました。
鷲宮高校は50点位でした。セカンド以下の選手の試合でも、そこそこの結果でした。
(2nd対鷲宮のスタートで41-40で勝利)
しかし、鷲宮高校の選手達のポテンシャルは凄い。まだ開花されていないだけです。
そして、連休の強化遠征へ!!
まずは茨城県『水城高校』とフルゲームからスタートです。
こちらも鷲宮高校同様に、多くの選手を出場させ、20点以上の差をつけて勝利しました。
途中まで40点差にまでひらく勢いだったので!!やはり、シュートが好調な時は勝利するのですよ。(改めてシュート率は大事と痛感)
実は水城高校には、夏の強化試合で「何とか勝利」した2日後に大敗を喫していました。
選手層が厚く、背も大きく、身体つきも一回り大きいのです。
ここでの勝利は、取り組んでいる『必勝ディフェンス』が活きた成果でした。(大した事ではないのですが・・・・)
そして次の日、茨城県立麻生高校へ!!
・・・・強い・気持ちが強い!!それが麻生高校でした。水城高校にWC予選で1点差で負けたとは思えないほど、インサイドの強さ、上手さ、ガード陣の速さに翻弄されました。
途中経過で16点差を付けられ「やばい」けれど、ここからが練習の成果の発揮場面とばかりに、残り3分を切って、怒涛のプレスディフェンス開始!!
あれよあれよと、「スティール」「カット」そしてレイアップから3ポイントの連続成功等で、50秒を残し、2点差まで巻き返しました。そこからが本当の勝負ポイントでした。
お互いシュートが決まり、2点が遠い!!しかし、プレスのチャンスからノーマークシュートへ!・・・・・ここでシュートが落ち、逆に相手の速攻へ。何とか速攻を止めるも、ハーフコートオフェンスでセンター陣の個人技で得点され、4点差!!タイムアウトを取り残り5秒程度。
「まだいける」と、即座に3ポイントシュートを決め、前からあたる作戦へ!
・・・・しかし、シュートは落ち試合終了。あと一息のディフェンスが足りませんでした。(いい経験かな?パート1)
またこの日は、鉾田第二高校、修明高校(福島)、常盤高校、宇都宮南高校、日野高校、そして福島のベスト4田村高校が来校していました。埼玉県からは、草高と2日間宿泊した草加西高校が参加でした。
麻生高校の経験を活かし、強敵田村高校と対戦です。(ちなみに41-41で麻生と田村は同点でした)
序盤リードされ、中盤に追いつき、そのままリードが出来るチャンスが沢山あったにもかかわらず、2点程度のリードを広げられないでいたら、やはりそこをつかれて、逆転。麻生高校の様に大量リードはされず、互いに拮抗した状況で終盤へ。
・・・・・勝負強さを経験するためとはいえ、この試合はその勝負強さを発揮して勝ちたい!!と、皆全力で戦いましたが、「声が」「チームディフェンスが」何より勝つんだという『覇気』が足りませんでした。
結局4点差で敗退し、この日は3勝2敗で終了しました。(いい経験かな?パート2)
13日は千葉県『松戸馬橋高校』へ
県立柏高校は2-1-2ゾーンで!県立千葉女子高校は、変則ディフェンスで!!
そして馬橋高校は、シンプルなハーフコートとオールコートで!!
全てに勝利したものの、ゾーンアタックに失敗したり、2ndが1ピリオドで2点しか取れないとか、交代選手がミスから失点して試合を始めるとか、『改善』をしっかり取組んできたのに、『なんて日だ!!』
勝負が出来たのは馬橋高校で、最後は、練習中のディフェンスをして、リードしたにもかかわらず、巻き返され逆転負け!!しかもまたまた覇気なし!!ノーマークシュートの乱れ落ち!
・・・・・・気持ちでも負けてしまい、悔しがるのは顧問だけ?
しかも台風の接近で大雨になっているし!!
まぁ~全てがうまくいっていたらチームは苦労しません。本戦に向けて、1日1日を大事にして、1戦必勝の気持ちを忘れず戦います。
まずは中間考査で皆さん、クラス順位を20位以内に入れるように、必死な努力と成果を求めて下さい。勉強と運動はリンクしていると、私は信じています。勉強ほど「努力は裏切らない」という言葉が合う状況はありません。四の五の言わずに頑張ろう!
では、次回の連載は新人大会1回戦VS『徳栄高校』です。乞うご期待下さい。
18:07