SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 

2015/11/24

女バスの報告パートⅡ(新人大会編)後編

Tweet ThisSend to Facebook | by 女子バスケ部顧問
いよいよ、昌平高校との戦いです。ここまでの試合で痛感するというか、どのチームも同じ事は、『草加高校を倒す』という意気込みと、プレイが終始発揮されているという事です。
受けてはいけない!と思いながらも、その勢いに戸惑い、ミスや不本意な展開が数多くここまでありました。決勝リーグ最終戦!2勝対決の決勝です。
夏の大会のリベンジはされない!2連覇する!!気持ちを持って戦いました。
開始早々、昌平のOF、DFの速さに目がついていかず、トラップに引っかかり、10-2から12-2と、どんどん点差が開き、たまらずTO。この試合にかける昌平の気持ちが、様々なOF,DFの披露でも伝わってきました。(加藤先生、さすがだね)
ちなみにこの試合に勝つと、県のベスト4シードを獲得できるので、両チームとも是が非でも!!の展開にならざる負えないのです。
昌平アタック!とでも言いますか、草加高校のバスケが展開できません。
あっという間に1ピリオドが終了・・・・・12-26!やられました。序盤のリードを持っていかれました。2ピリオドは両チームともミスやターンノーバーが連発し、得点が伸びません。ここでもっと得点しなければいけない場面で、同じような状況に!8-6。前半終了で20-32!12点差。2点しか縮められませんでした。
3ピリオドでは、プレスの勢いや、選手起用を考え『思い切りやれ』と『迷わずシュートタイミングは全て打て』と指示しました。やれば出来るプレイが発揮し始め、3ポイントや2点が加点でき、昌平の得点を上回り、少しずつ追い上げました。20-14。40-46.6点差で4ピリオドへ。
しかし、最初の得点は昌平でした。40-48とまた差が開き、今度はシュートが入りません。またまたフリースローが外れます。#4宮川さんも、#5岡本さんも、#11新井さんも、入りません。どうしても欲しいところでのシュートが!しかし昌平にも、得点を許さず粘りましたが、ガードの突破とゴール下への「ここしかない」という合わのパスでシュートを決められ「うまい」と思わず敵ながら言ってしまいました。草高も1年生のシューターを入れ、ボールが来たら3ポイントを打て!の作戦でしたが、全て枠をとらえ切れず、逆速攻。カウンターで#7池田さんが走りノーマークでボールを受け取るも、足が合わずトラベリングでノーカウント!(ん~駄目か~)最後は#6の宮本さんがフェイクからステップインシュートを決め6-9。46-55でリベンジされました。(昌平高校は男女アベック優勝)
この試合で、草加高校の心の弱さを痛感しました。それはプレイの中に随所に出てしまい、ミスと言った形や、チームプレイの欠落等、大事な場面で出てしまいました。・・・・とても残念です。
2位(準優勝)は素晴らしい事です。が、自分達の目標は全然先です。達成できるステップを踏めていません。これから1月の県大会に向けて、OFの展開力、DFの強化、判断力の充実等を、徹底して育てていきたいと思います。
多くのチームに「このままではいけないよ」と、教えてもらった大会でした。
更なる成長を目指して、本気の本気で練習に励みたいと思います。
多くの皆さん応援ありがとうございました。県大会でも支部のためにも、目標達成のためにも本気の本気で戦います。
12月1日(火)午後3時から抽選会です。
頑張ろうZ!東部支部の県大会出場校!

14:56