SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 
写真部 >> 記事詳細

2015/10/28

全員入賞 継続です!!

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
  祝 連続入賞2作品

10月28日(水)から始まった第32回埼玉県高等学校総合文化祭 高校写真展〔以下;高文連写真展〕にあたり、去る7月に開催された第34回埼玉県高等学校写真連盟写真展につづき今回も2作品が、それぞれ自由部門で入賞しました。いずれの作品も優良賞および講師賞のダブル受賞となりました。昨年度同時期の第31回高文連写真展以降、高写連ならびに高文連写真専門部主催の写真展において今回で4大会連続入賞となりました。同時に後述のように1年生部員が入賞したことにより、一旦途絶えた部員の全員入賞の記録が短期間で再起しました。ちなみに講師賞とは、写真展期間中に開催される部員ならびに顧問対象の研修会の講師をつとめていただく著名な写真家の方による賞で、プロに認められた作品に授与される賞であるとも言えます。
入賞作品のひとつは1年生女子の個人制作による作品です。当該部員は漫画研究部を兼部し、両立をさせながら地道に活動を継続させたことに加え写真部唯一の1年生部員としても先輩からのアドバイスを受けながら自己をしっかり見つめ、元来持ち合わせの才能も活かして着実に実力をつけていった、今後も一層成長が見込まれる人物です。今や希少価値とも言える銀塩モノクロで、かつ3枚組での出展となりました。制作中は暗室で格闘(?)する毎日でした。何度も何度も焼き直し、納得するまで制作をつづけました。
もうひとつは2年生4名全員と先に紹介した唯一の1年生との5名による共同制作〔以下;合作〕です。草高野球部が夏の甲子園を目指して戦った埼玉県予選での場面を各部員が撮影し、試合終了直後以降の場面を編集しました。撮影当日は正顧問の都合により副顧問の引率の元、記録写真の撮影に加え作品制作を強く意識し、個人出展の単写真は勿論、特に、各人が5~6枚組の個人作品を制作することを常に意識して撮影するようにと事前に確認の上臨みました。結果、各人の個性がひとつになり、草高写真部ではもしかすると初となる合作組写真での入賞となりました。6月の「写真甲子園」2015の代表校決定戦進出と同様に草高写真部のチームワークのよさを如何なく発揮できたとも言えます。
例年ですと高文連写真展は11月上~中旬にさいたま市の埼玉会館をお借りして開催しますが、本年度と来年度は埼玉会館の改修工事の関係でお借りできず、本年度は10月28日(水)の南部地区を皮切りに東西南北の4地区ごとで会場を分散した形態での開催となりました(来年度の開催形態は未定です)。草高写真部は東部地区での開催となります。日時等は下記のとおりです。ぜひご覧いただき、ご意見賜ればと存じます。
今回の入賞に満足せず、今後さらなる成果をと一層精励する覚悟です。更なる一層の激励をよろしくお願いいたします。

    日時(一般公開) : 2015(平成27)年11月21日(土) 11:00~17:00
                               22日(日) 09:00~15:30
    会場 : 春日部市中央公民館
                  東武アーバンパークライン八木崎駅からすぐ
17:01