SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 

2015/10/26

東部支部大会始まる!

Tweet ThisSend to Facebook | by 女子バスケ部顧問
25日を皮切りに、東部支部大会が始まりました。草加高校女子バスケット部は、初日から登場する事になり、しかも第1試合ということで、ここまで(若干の出遅れ)はありましたが、それなりに計画的に、準備をしてきました。いざ出陣です。
相手は『越谷東高校』です。十数年前は、支部のベスト4常連校で、私が草加高校へ赴任した頃は、全く勝てない相手でした。
月日が流れ、部員数も減ってしまったようですが、各自が頑張っているチームです。
結論から申しますと、184-9という大差で、勝利した訳ですが、我々東部支部の顧問の中では、スコアーシート(160点まで記入可能)は2枚目にいかない!!と言う、優しさと言うか、教育的配慮を心がける!という事が浸透しています。・・・184点
私も、この教育的配慮に毎回賛同し、何とかやりくりしてきました。しかし今回、184点と言う、配慮の無い試合をしてしまいました。ただ、これにはいくつか理由があり、『どうして止められない』状況が起きてしまったのです。
ここまでのチーム作りの出遅れを、解消するために様々に取り組んできた事や、練習試合の敗戦結果から、大きな成果を実戦に活かすために、必死で取り組んできました。(恐らく、他の先生方では想像できないくらい、生徒も顧問も必死で取り組んできいました)
そういった理由が、この試合で発揮され、その形が出来ていくきっかけだったために、生徒にブレーキをかける事は、取り組んできた事を否定する!事になり兼ねない!!と判断し、試合をすすめました。
でも、スタート陣は1ピリオドのみ!セカンド陣も2ピリオドのみ!!
後半(3ピリオド・4ピリオド)は全てサード陣のみで戦いました。(全てハーフコートマンツーマンDFで)
スティールから速攻は、相手が戻らなければ行け!戻っていたらセットプレイ!!と指示しましたが、得点以上に越谷東高校の生徒が、毎回のOFでもDFでも、諦めずに挑んでくる状況があり、サードのメンバーも余裕をもって!?などという状況下ではなかったのです。
それに、手を抜くとかすれば、逆に相手をバカにしている様で、失礼な話です。せいぜい、REBを取ったら、セットのやり直しくらいしか、時間を使いながら、目的の練習を公式戦で出来ません。全てがいい方に繋がっていった試合だったのもあり、この様な試合展開になりました。(言い訳ですかね)取られた9点のうち、7点はGの選手のシュートでした。シュートタイミングを与えたシュートが2本、投げたら入ったシュートが1本。
つまり、DFはあまいし、シュートはどの様な状況でも、本人の意思とは関係なく、入る時がある訳で、それをきちんとDFしていない事が、チームとしてもっと受け止めなければいけないと思います。勝ち負けの内容を、考えないチームは上では戦えないからです。私の頭の中には、『関東大会出場を果たす』があります。それはとても大変な事です。つまり、目の前の勝利に問題点を探せなければ、いつまでたっても、「そこにしかいられない」チームなだけと考えています。打倒すべきは、県の4本!(全て私学)です。そこと戦えないチームのままでは、目標は茶番です。今回の得点差もそんなチームの思いが、形として発揮されたのだと思いますし、まだまだ上位とは戦えません。この長い1か月間の大会期間で、もっと内容のある試合が展開できる様に、練習していきます。
★教育的配慮は、今回の事を踏まえて、より一層考えた試合運びをしたいと思います。越谷東高校の生徒の皆さんが、笑顔で試合後話してくれたので、ほっとしました。バスケ続けようね!!
応援に来て下さった保護者の皆様、中学生、OB、OGの皆さん、ありがとうございました。
次回は修学旅行後の、草加高校会場にて、「庄和高校」or「八潮高校」の勝者と対戦です。ホームコートで負ける訳にはいきません。(第1試合です)是非、応援に、観戦に来て下さい。
25日は15:00~春日部東中学校と練習試合をしました。センターの選手が172㎝位あり、もう一人も170㎝あり、中学生には見えないくらいでしたが、とてもいいチームでした。体でもスキルでも大差で勝利はしましたが、草加高校の選手全員が、実りある練習試合をする事が出来ました。関根先生ありがとうございました。また、練習試合をしに来てください。待ってます。また県大会頑張って下さい。
28日(水)~31(土)までグアム修学旅行です!行ってきます。絵文字:うーん 苦笑
08:34