SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 

2014/06/17

インターハイ県予選ッス!

Tweet ThisSend to Facebook | by 女子バスケ部顧問
6月13日(金)にインターハイ予選の1回戦が行われました。
我が草加高校女子バスケ部はVS朝霞高校と対戦しました。
序盤は、ノーマークシュートが連続で落ち、相手に「やる気」を芽生えさせてしまい、一進一退の攻防となってしまいました。
きちんとノーマークを決めきれない選手のレベルの低さに必死で落ち着こうとベンチで見ておりましたが、何回も起こる起こらないことに、イライラが募り、「何をやっちょるか~!」「きちんとやらんか~」と怒鳴ってしまいました。それくらい?????が沢山つくプレイでした。
やる気は十分、動きも悪くない・・・のに、シュートが!
と言う訳で前半は同点で終了。
ハーフタイムで「またですか」「また自分達で試合を壊すのですか」と一言二言を伝え、ベンチへ戻りました。
むかえた第三ピリオド!!
見違えるように動きが変わり、DEFがようやく機能し始め、朝霞高校の攻撃を、一つ一つ守りだし、攻撃へ転じる事が出来ました。
あっという間に30点差がつき、ベンチメンバーの経験の為、全員出場する事が出来ました。
本来の力を発揮した展開が出来ました。勝利っす!
しかし初めて、高校の県大会に出場した1年生の3名は、ど緊張しまくりで、「落ち着け~」と叫んでも、ドリフ大爆笑状態でした。慌てふためいていました。
3大会にきて、ようやく自分達らしさを発揮した(後半だけですが)試合展開でした。
出来る事なら、前半からそうして下さい。

そして2日目
ベスト8決めの試合です。
相手は夏休みに対戦し1勝1敗の相手VS所沢中央高校です。
とにかくキャプテンの#4が上手い。上手すぎる(埼玉銘菓;十万石饅頭ではないですよ
そして『執念』をプレイに出してくるチームなんです。
こちらも気合や執念では負けていませんが、それとはまた違う、別の異質な執念を持っているのです。
この試合に限っては、非常にいいゲームの入り方をしました。まさに理想どおり。
相手も得意のプレイできちんと得点、DEFをしてきますが、終始草加高校のリードで試合が進んでいきました。
第一、第二、第三と各ピリオドほぼ同点の状態で、数点リードでした。
これは第四、最終ピリオドの勝負!!魂を入れて、『勝つ』と信念持ってプレイ出来る方の勝利になるはずです。
・・・・・・第三ピリオドまで続けてきたDEFが効かない?何故?あっ!!疲労が溜まっている!足が動かない!それにも増して、#4がわざとダブルチームに来させてノーマークパスを捌きだした!!一気に3pシュートが4発!!あっという間に向こうにペースを持っていかれ、シュートは打つものの入らず!
また、フリースローも入らず、スティールするもノーマークを外し!・・・・執念が違う!
向こうは、ドライブからのへんてこりんなシュートも全て入れてしまいました。
万事休す!!攻めれてもシュートが入らず、徐々にパスも乱れ始め、スティール連発。完全に緊張の糸が切れたのを感じました。
そして  73-52の大差で敗退しました。
悔しいです。本当に悔しいです。向こうもほぼ5人で戦っていただけに、最後の4ピリオドでの執念の違いや、勝つ!!という気持ちの差が出て負けたのは、今までで1番悔しいです。
でも受け止めよう!!この負けを受け止めて、WC予選で、一つでも勝てるように努力しよう!!まだまだ改善できる処が沢山あるんだから!と伝えました。
限界を超える「きちんとやりきる」を私達は身に付けなければ、成長は無い。
7月19日(土)20日(日)とWC予選があります。現3年生は全員残ります。それが我が草加高校女子バスケット部です。
もうすでに、気持ちの入れ替えは出来ています。次の日から練習が始まりました。
現在県のベスト4が決定しました。(埼玉栄、山村、正智深谷、ふじみ野)
所沢中央も敗退していますから、WC予選で再戦する可能性もあります。
こんなに濃い代は初めてですが、それだけ私自身がのめりこんでいるのでしょうね!

最後に!!
応援に来てくれた多くのOG、OB、保護者の皆さん、男子バスケ部の3年生、皆本当に心からの応援ありがとう。
超、超、超~嬉しかったです。負けてしまったけれど、すごく勇気をもらいました。
まるでサッカー日本代表の気持ちです。次は勝つ!!

追伸
今回、ベスト4に入ったふじみ野高校とは、毎年よく練習試合をしている仲間の学校です。顧問はじめ生徒がとても真っ直ぐに、取り組んでいるチームです。吉永先生おめでとう。やったね!!敗退した児玉高校の塩川先生、たった1点差でしたが、#6抜きでよくぞここまで戦いましたね。素晴らしい戦いぶりでした。先生も生徒も保護者も。
ふじみ野高校は、決勝リーグでどんな「化学反応」を起こすか楽しみです。ただとても大変なリーグ戦になる事は覚悟して下さい。相手は全て『関東大会出場校』ですから!
吉永先生!その顎でタッチダウン!!(それはアメリカンフットボール)
15:58