SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 

2016/01/25

第22回 中川カップ

Tweet ThisSend to Facebook | by 女子バスケ部顧問
今年も歴史ある『中川カップ』が本校を含めた多くの高校、小学校を会場に開催されました。
前回のお知らせでも紹介しました通り、選抜選手選考会で主力を抜いたチームで、戦いました。
初戦は、『鷲宮高校』です。2ndとして活躍してきた選手達で、どこまで課題に取り組めるかをテーマにし、戦いました。序盤から草高ペースとなりますが、大事なイージーショットが入りません。また『攻め気』の不安定さを感じました。自ら戦う!!事への慣れていない事が、出ていました。そんな中でも2年生の佐々木さんが、コート上で声を張り上げ、チームをけん引し、味方に鼓舞する活躍を見せてくれました。(普段は一番怒られている選手です)
得点も、プレイも少しずつではありますが、変わろうとしてくれている事が伝わります。
鷲宮高校に大勝しました。
2試合目は『春日部東高校』です。春東高も主力を3名欠いての参戦です。
序盤でゲームが決まってしまいました。この試合も大勝し、1日目2勝で終了しました。
春東高のベンチで、山岸先生の代わりを務めた副顧問の鹿野先生、山岸先生の教え子の島村さん、奥澤さんも楽しく、この試合を指揮し、将来のために勉強が出来たのではと思います。
また審判では、本校卒業生3名(日体大4年佐藤さん、1年西さん、日女体2年吉田さん)が派遣審判として活躍してくれました。・・・これほど嬉しい事はありません。<涙>
2日目
初戦に『草加西高校』2回戦目に『久喜北陽高校』と対戦しました。草加ダービーは、草西のガードが序盤で捻挫をしてしまったため、その部分で草校が少し有利になり、シーソーゲームが少しずつ離れだし、勝利できました。また久北戦では、久北の選手の意地でなかなか得点が離れませんでしたが、草高の選手を全員使える状況にもなり、結果的には大勝しました。
よって2日間で4戦全勝!!で締めくくれました。
この大会は、本当に2nd以下の選手を多く起用し、個々の課題やチームの課題を前面に出して指導できたので、実りがありました。引き続きこの実りを大きく咲かせられるまで、一つ一つ取り組んでいきます。打倒!県ベスト8以上のチーム全部です。
追伸
大会終了後、中学校の部で優勝した『豊野中』と『八幡中』の中から選出されている『埼玉県選抜』の5,6名の選手とハーフゲームをしました。
5人中3人がハーフの選手。しかも全員170㎝以上。強烈でしたが、本校で取り組んでいるDFとOFの流れがうまくマッチし、15点~20点差程度で勝利できました。(あ~怖かった)
また、豊野中の控え選手と本校の2nd以下の選手での試合も、スムーズな状況で(失敗盛り沢山)勝利しました。こういった練習試合を本番で、意思をもって全員バスケ!出来るように取り組みます。
応援の保護者の皆さん、各中学校の関係者の皆さん、大変お疲れ様でした。
次に『東部選抜選考会』の結果を報告します。
08:34