SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 

2015/09/28

練習試合ナウ!

Tweet ThisSend to Facebook | by 女子バスケ部顧問
様々な条件の中で、現在女子バスケットボール部は活動中です。
そんな中、合同練習や練習試合を週末に入れ、状態の変化を見てきました。
合同練習では、その中学校の出身者がいる現役選手の様子を、中学校顧問の先生にも見てもらう事も含め実施しました。吉川東中学校です。
石川先生率いる吉東中は、努力と成長がリンクすれば、地区優勝も夢ではないと思います。一つ一つを石川先生のイメージに合わせていけば、きっと勝利できると思います。
・・・結果、決勝へ進んだ三郷早稲田中に1点差!で敗退。ムムム!残念。しかし、成長ですね。次こそ、上のステージへ上がりましょう。また他の中学校でも、「これは」と思う選手も多々いました。今度一緒に練習しましょう。
9月26日(土)に、本校が使用できないため、杉戸高校にお願いをして、合同で練習と試合をしました。夏に一緒に取り組んだ時よりも、姿勢もプレイも前向きな杉戸高校に、私も幾つかプレイについて、コメントさせて頂きました。しっかり聞き、即座に表現できる場面が増えて、流石進学校!!と痛感しました。馬越先生、何からやってもプラスになります。迷った時ほど生徒は成長してくれると思います。頑張って下さい。またやりましょう。
27日(日)は和洋女子大学へ出稽古です。
夏の児玉合宿で、対戦させて頂き、その繋がりで今回お願いしたところ、リーグ戦中にもかかわらず、隙間時間をあてて下さっての実現した練習試合です。
4年生が抜けると、人数が少なくなる!等のチーム事情も多々ありながら、3部順位決定戦へ向けて、今回は下級生(1年~3年)の調整を兼ねた練習試合となりました。当たり前です。
当日のメンバーが3名(スタート陣)が帰省や怪我、実習授業等で不在でしたが、当たりの強い大学生です。我々には全く関係なく、どこまで戦えるか?が一つのポイントでした。
開始早々、8点先取され、「このままズルズルいくのかな~」と思いながら、審判をしていました。2点取り、4点目を取ったところから、草高のエンジンが動き始め?あれよあれよの展開で、15点差位離してのリード!「ん?」
第2ピリオドも、第3ピリオドも、10点差まで追いつかれると、引き離すの繰り返しとなり、気付くと20点差に!センターの5ファウルやら、バッティングでの流血騒動(救急車出動)などありましたが、本校生徒は大きな怪我もなく、最後までリードし、94-73で勝利。「ん?」
やはり3名スタート陣を欠いているのは、大きいという事でした。
内容については、DFは酷い!何をしても酷い!!アウトナンバーの攻め方が酷い!
取り組んでいるOFはいい加減でした。・・・・・試合に勝ち、喜んでいるとするならば、今度の支部大会での優勝は夢のまた夢!(昌平は成長度が早いのです)
ま~今の現状を打開しなければ、扉は開かれない事は間違いないので、気が付くまで頑張るでしょう(ちなみに私は「頑張る」は嫌いな言葉です)
10月は久喜高校へ遠征や、東京の共栄学園、千葉方面へ遠征です。
大学生と戦った時の様なDFでは(1ピリオドのマンマークの不徹底差、2ピリオド以降のプレスの役割と激しさの無さ等)、決して勝利はないです。
この壁をどう乗り越えるのでしょうかね?
08:45