SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 
女子テニス部 >> 記事詳細

2017/05/01

学総大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 女子テニス部顧問
学総大会個人戦
新学期が始まって間もなくの4月15,16日に学総大会個人戦が行われました。15日土曜日にはダブルスが行われました。草加高校からは7ペアが出場しました。これまで公式戦ではなかなか勝利することができませんでしたが、最後の個人戦となったこの大会では3年生の奮闘が見られました。3年生の秋元・大場、中島・山下、斉藤・中内の3ペアはいずれも1回戦を突破することができました。なかでも秋元・大場ペアは1回戦草加南に6-4、2回戦は越谷北に6-3と接戦をものにしました。3回戦も接戦でしたが昌平高校に4-6で敗れ、あと一歩のところでポイントを獲得することはできませんでした。
16日日曜日はシングルスが行われました。こちらには3年生が7人、2年生が4人の計11人が出場しました。6人が初戦を突破することができました。3年生の福地、斉藤、2年生の荻沢の3名があと1勝でポイント獲得まで進みましたが勝利を挙げることはできませんでした。ダブルス・シングルスともにポイント獲得には至りませんでしたが、全く勝つことができなかった新人戦に比べると良い結果を残すことができました。
学総大会団体戦
4月29日の土曜日に団体戦の予選が羽生第一高校で行われました。草加高校は羽生第一、草加東の3校ブロックとなりました。このなかでは羽生第一が4ポイントを獲得しておりシード扱いとなっています。草加高校はダブルスが大場・斉藤ペア、第1シングルスが2年生の荻沢、第2シングルスが3年生の福地という布陣で臨みました。草加東との対戦ではダブルスは1-6で敗退しましたが、シングル1が6-2、シングル2が6-0と勝利して合計2-1で勝利しました。特にシングル2で出場した福地さんは相手に1ゲームも与えないという完璧な内容でこの大会にかける意気込みが強く感じられました。羽生第一との試合でも残念ながらダブルスは2-6で負けてしまいましたが、シングル1が6-3で、シングル2が6-4でともに接戦をものにしてくれました。特にこの試合ではシングル2の勝利が先に決まり、シングル1の荻沢の結果に勝敗がかかりましたが、落ち着いたプレーと最後までボールを追いかける姿勢でマッチポイントをもぎ取ることができました。これで目標としていた県大会への出場権を獲得できました。1・2年生の大きな声援も心強く感じられ、勝利への力となりました。
県大会は5月13日に行われます。
17:30