SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 
写真部 >> 記事詳細

2018/02/14

入賞記録更新です

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問

  2年連続優秀賞!


去る2月9日(金)及び10日(土)の2日間開催された第33回埼玉県高等学校写真連盟東部地区写真展において、2点入賞いたしました。
 内訳
  優秀賞
   ・2年生女子〔副部長〕《自由部門》
  優良賞
   ・1年生女子《自由部門》
副部長は、昨年度に引き続き連続で優秀賞に輝きました。日頃から得意分野を活かしつつ多彩なジャンルに果敢に挑戦し、本領発揮と言える成果を残せました。1年生は、前回の写真展における共同制作の入賞者5名のなかのひとりで、今回個人出展で初入賞となりました。
今回の入賞で連続入賞記録は更新できました。複数入賞も更新です。が、顧問としては反省材料の目立つ悔しい結果となったことはたしかです。今回も自由部門とテーマ部門「色」とが設けられ、草高写真部から1、2年生8名全員が両部門に計16点出展しましたが、結果は2点入賞でした。テーマ部門は無冠でした。
今回の写真展を振り返ると、東部地区各出展校の作品のクオリティが確実に高くなっていることが読み取れました。会場で展示された作品を見て、即座に感じました。例年に比して全紙サイズ(53㎝×42㎝)での出展数が大幅に伸びたこと、数年前まで出展数ゼロに等しかった組写真が計7点も出展されていたこと、さらには多くの出展校から入賞作品が選考されたことからもクオリティが高くなったことがわかります。視点を変えれば競争が激化したと言えます。
草高写真部の作品、決して稚拙ではなく、高いクオリティであったと自負はあります。が、我々をはるかに超えるクオリティの高い作品が各校から数多く出展されていたのも事実です。
複数の作品が入賞できたとは言え、出展数に比して入賞数がこれほどまで少なくなったことを真摯に受け止めなければつぎへの飛躍はありません。副部長が連続で優秀賞に輝いたことが救いでした。このことは誇りに思ってよいです。このままで終わらせたくはありません。顧問、部員共々リベンジを誓った写真展でした。  

09:00