SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 
写真部 >> 記事詳細

2018/11/05

8期連続入賞

Tweet ThisSend to Facebook | by:写真部顧問

   初入賞

明日から開催される第35回埼玉県高等学校総合文化祭 高校写真展にあたり、1年生女子(57期)の作品が、自由部門で奨励賞に輝きました。今年度の1年生の入賞は初です。総出展数894点の内、自由部門740点の中から入賞した79点(テーマ部門『しょく』も含めると総計95点入賞)の中のひとつであり、日頃の努力の成果であると素直に喜びたいと思います。作品の制作にあたっては、以前に部の仲間の協力を得てモデルになってもらって撮ったものを見直たうえで再度撮り直したものをさらに撮り直し、3枚の組写真として仕上げました。前回の写真展でも入賞作品2点はいずれも組写真でした。このところ組写真で評価をいただく機会は確実に増えています。
今回の入賞で50期から8期連続で各期からの在籍(卒業)部員の入賞達成となりました。在籍部員全員の入賞には至りませんでしたが、8期連続で、さらに遡れば古くは44期、47期および48期の卒業部員からも入賞者が出ており、卒業部員のいなかった45、46、49期を間にそれぞれ挿めば11期にわたり在籍(卒業)部員の中からの入賞達成となりました。これからの目標は、やはり、在籍(卒業)部員全員の入賞達成です。未達成の部員もまだまだチャンスがあります。皆で、頑張っていきたいものです。

今回、入賞は継続できました。毎度のことではありますが、先述の通りの相当の倍率での入賞達成であり、大喜びするに値します。が、草高写真部においては連続複数入賞の記録は途絶えました。また、上位入賞にも至りませんでした。顧問としては、喜びと悔しさが同居している心境です。悔しい結果となった部分は、部員には何一つ責任はありません。責任は顧問にあります。顧問として、このことをじゅうぶん理解し、顧問と部員とが手を取り合って、共に多方面から多くを学び、悔しさを大きな喜びに変える成果を出したいと、あらためて感じた結果となりました。
51期からつづく在籍(卒業)部員全員の入賞達成を是が非でも実現し、部員達には自信をもって巣立って行ってもらいたいと願っております。

18:38