SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 
ラグビー部
12345
2019/06/27

7人制大会、練習試合、夏の予定

Tweet ThisSend to Facebook | by ラグビー部顧問


ご無沙汰しています。
はっきりしない天候が続きますが、皆さま、体調を崩していませんか?
草加高校ラグビー部は、試験一週間前、部活動は2日に1回、ウエイトトレーニングのみ。
ラグビー部強制参加ではなく、有志ですが、学校に残り、勉強をしています。
応援されるチームを目指し、全員で意識高く、行動できれば、と思います。

さて、6月15日(土)に行われた全国7人制大会埼玉県予選の報告です。
これは、オリンピック種目になったことをきっかけに、7人制ラグビーの強化と普及を目的に今年で6回目の大会です。
15人制のグランドの広さそのままに、7人で行うラグビーです。
個人スキルが、はっきりと結果に表れるラグビーで、個人的には好きではないのですが、見るスポーツとしてはなかなかです。
試合時間も7分ハーフ。国代表レベルでは、お祭り騒ぎのなかで行われるライブ会場のような大会であります。

しかし、当日は7人制ではあってはいけない雨。
気分も盛り下がりますが、組み合わせでは初戦の朝霞高校を破ると新人戦・関東予選と今年県内2冠の浦和高校と対戦できる
ので、まずは初戦が大事。
対戦は朝霞高校。最近では、県大会の上位に顔を見せる事は有りませんが、古豪。指導者もしっかりしており、侮れない。
予感的中。前半5-0で折り返すも、後半に逆転され、浦和高校との対戦は実現しないのか?と思われましたが、何とか逆転。
次の試合では、雨の中、ミスが目立ち、そのミスを見逃してくれるほど甘いチームと対戦していないので、0-36で完敗。
この試合で、感じたことは、『勝負してない』という事。
高校ラグビーにおいて、大げさに言ってしまうと「気持ち8割」。勿論、怪我をしないスキルとフィジカルは大前提。
しかし、相手に勝とうと試合をしていた者がいたか?一人だけいました。試合後、それを問いただすと、やはり、その選手だけが、
手を挙げました。

森 友哉です。

今回、名前負け?のような感覚があります。しかし、いつまでそんなことを続けるのか?
選手をその気にさせることが出来なかった監督である自分に、一番の責任は有りますが、選手たちには勝つことと、それに加え、
自分達の試合(練習)を観た人の心が動くようにして欲しい、それが良いチームであり、勝つに値するチームのそれであるから。

6月19日水曜日 53期石原組の石原、宮口、55期大谷組の松本が来校
また、別日に、50期綿引組の深井が来校。深井は普段着で来たのに、一緒に体を動かしてくれました。
毎回、OBが来てくれるたびに、
草加高校のラグビー部の可能性を感じます。
たくさんのOBの方に来ていただけるように、部員一同、頑張ります。

写真が横になってしまいました。すみません。石原・松本・宮口です。


予定表を貼っておきますので、よろしくお願いします。
201907予定表.xlsx
201908予定表.xlsx

そして、6月22日土曜日 1年生が2回目となる試合が三郷工業技術Gで三工技、春日部、草加の3校で行われました。
上級生
草加7-5春日部
 キックをうまく使って地域を取ったが、LODFやBDでTOできず、カウンターアタックでミス。
 1チャンスを得点に結びつけられた。ATで継続・前進➡トライ、DFで圧力➡TOしてAT、そのためのサボート(支援)つまり2人目。

草加14-0三工技
 相手のLOにミスが目立ち、助かった。相手のATを止めていたが、BDは食い込まれていた。
 FWで取りきれたことは、収穫。張ヶ谷(2年)の快走がトライになっていれば…

草加19-0春日部
 相手のミスに助けられた。ゲインを切っているのが3年ばかり。2年の奮起を期待する。
 ビデオで見ると、試合後より、内容は良い試合ではない。特にDFで前に出る感じが失われている。
 上級生は、1年生に見られていることに気付いてほしい。

メインイベントの1年生試合
草加12-0春日部
草加0-0三工技
 盛り上がりました。全員、1年なのが良い!
 訳がわからないプレーも有りますが、驚くようなプレーもあり、練習でやったことが発揮できたり、
 練習でやってないようなことも飛び出したり。
 一人、打撲で、予定していた出場をすべて完了できない選手がいましたが、なんとか大きなけがなく終了。
 次につながる試合でした。
 今回の試合では、ATの印象的な選手で中尾亮太、DFの印象的な選手で中尾駿太を挙げたいと思います。
 そうです。この2人は兄弟です。今度、グランドに来て、確かめてください。
 ポイントは、体を当てられたこと。亮太は相手を弾き飛ばして突進、駿太は相手に素早く寄せてボールに絡む。

 ほかにもスピードの飯塚、ステップの佃、絡みの小林、パスの法橋、足腰強い長北など
 ここには名前を挙げていない1年生も有望です。
 是非、この夏、草加高校のグランドに。
 
 最後まで読んでいただきありがとうございました。
 夏の予定は、変更することも有りますので、お近くのラグビー部員にお尋ねください。
18:43 | 投票する | 投票数(7)
12345