SchoolLogo
 

 
部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。
 
写真部
2019/04/04

写真部で頑張ってみませんか

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問

 絵文字:キラキラいざ、写真部へ!絵文字:キラキラ

入学許可候補者のみなさん。まもなく入学式。新しく始まる高校生活への期待と不安が交錯していることと思います。

草高写真部では、今年も新入生の皆さんの入部を心からお待ちしています。部員は現在5名。3年生が4名(女子3名・男子1名)、2年生1名(男子)で、皆仲良く、互いに教え合い、励まし合いながら活動しています。
おもな活動は次の通りで、結構活発に活動しています。
 ・草高祭(文化祭)〔9月〕出展⇒これは必須です
   →写真展(後述)に出展した作品および文化祭バージョンのコラージュ作品の展示をします。
 ・埼玉県の高校写真部員の作品を展示する写真展出展
   →例年6月下旬、11月中旬、2月上旬の3回。
 ・各部活動の活動風景の撮影
   →現段階で以下の撮影が予定されています。
      4/27(書道部書道パフォーマンス:本校)
      4/28(演劇部公演;三郷市文化会館)
      4/29(吹奏楽部コンサート;草加市文化会館)
 ・都内を中心とする写真展の作品鑑賞
   →現段階で4/25〔開校記念日〕に都内での終日の鑑賞を予定しています。
 ・作品鑑賞との同時進行及び学校近隣等での撮影会
また、毎年夏〔例年7月下旬の七日間「本年は7/29(月)~8/4(日)〕に北海道東川町(あの旭山動物園から至近)で開催される『写真甲子園』、および毎年冬〔例年2月上旬の3日間〕に横浜で開催される『Top Eye全国高校生写真サミット』への出場をめざし、毎年応募し続けています。

『写真甲子園』は、3人一組のチームをつくり、その中のメンバーで撮影した8枚の写真で組写真を制作して初戦に応募し、一定のレベルに達したチームが代表校決定戦にすすみ〔本年は6/9(日)を予定;草高写真部は2015年に進出実績あり〕ます。ここで勝ち上がったチームが本戦〔北海道〕に招聘されます。が、今のチーム状態では応募のメンバーが足りません。1年生の皆さんの中から少なくても2名は入部し、チームのメンバーに加わっていただかないと応募ができなくなります。現在、2年生を中心に初戦応募作品の構想を練っています。1年生用のメニューも、あらゆる場面を想定して併せて考えていますので、ご安心ください。
『Top Eye全国高校生写真サミット』は、年4回行われるコンテストに各学校ごとに個人単位で応募し、その総得点の高い学校から順に3人一組が招聘される大会です。昨年度は4回すべてに欠かさず応募しました。本年度も各回、応募を予定しています。こちらも、横浜に招聘されるためには人数が足りません。
新入生の皆さん。我こそはと思う方は是非写真部に入部し、共に北海道、横浜を目指しませんか。

このように草高写真部は日頃から大きな目標を持って活動しており、包み隠さず申しますが活動内容もハッキリ言ってかなりハードです。が、過去、写真展での入賞時や関東大会出展など達成感や成就感を強く感じることができる部です。また、3年間頑張りとおすことを通じ、忍耐力も身につけることが可能です。

さて、入学式当日ですが、式開始前、式典、式後のホームルームなどの風景を撮影させていただきたく、よろしくお願いいたします。学校としての記録及び部員の作品制作を目的といたします。
当日、写真部員は左腕に腕章を巻いて撮影いたします。ご質問等ありましたら遠慮なくお声かけください。入学許可候補者説明会でも撮影させていただきましたので、見覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。

それでは、入学式でお会いできるのを楽しみにしています。
※作品として発表する場合は、必ず事前に顧問と部員とで挨拶に伺い、承諾をいただいたうえで出展
  します。どうぞご安心ください。

 【参考】
  基本的な活動日をお知らせします
   ・火、水、金。
     基本は15:50から
   ・土、日、祝。
     基本は9:30から夕刻まで
      →必要に応じて活動(とは言えかなりの日数になる)。連続日での活動は極力避ける。
    ※GW期間中や夏季休業中、春季休業中もかなり活動します。
      →本年のGWは、先述の4/27~29の撮影に加え、5月2~6までの間の2~3日を『写真甲
        子園』の準備に充てます。
   ・月、木。
     基本的にはOFFですが、まれに活動します。
  カメラは持っていなくても大丈夫
   ・デジタル一眼レフのセット、フィルム一眼レフのセットともに、相当台数の貸し出しが可能。
     メーカー、機種がほぼ統一されており、互いに教え合いながら撮影できます。
      →1年生は、時期を見計らって、フィルムカメラに挑戦します。




13:13
2019/02/12

入賞継続です

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
  連続優秀賞!

去る2月8日(金)から10日(日)まで開催された第34回埼玉県高等学校写真連盟東部地区写真展〔以下;東部地区展〕において、2年生女子〔部長〕の作品が、テーマ部門「技」で、優秀賞を受賞しました。第29回の東部地区展から6大会連続で優秀賞受賞となり、またひとつ、大きな成果を残せたと思います。あわせて連続入賞記録も更新できました。
ここ数年、東部地区展の出展数はうなぎ上りで急増しています。3年前、即ち今回の出展者がすべて中学生だったときは、総出展数は175点と200点を割っていましたが、その後201点、227点と増加の一途を辿り、今回は300点をこえてのべ302点となりました。わずか3年間で1.7倍強の増です。出展数の急増だけではありません。作品の内容も大きく変わり続けました。出展作品のパネルサイズにおいて全紙サイズ〔53cm×42cm〕の出展数が回を追うごとに激増し続けたことと、かつて出展はゼロに限りなく近かった組写真の出展数が増えた〔今回述べ10点:2桁到達!〕ことです。従来の主流であった半切サイズの出展数も併せて増加し、今回は全紙サイズと組写真は2段掛け、半切サイズは3段掛けが基本となりました。見応えのある、言い換えれば圧迫感さえ感じる展示となりました。かつては全紙サイズは1段での、半切サイズも2段での展示で余裕があったほどだったことを思うと、隔世の感があります。作品のクォリティも確実に上昇し続けており、どの出展校の作品も、稚拙な作品はゼロに等しいと言ってよい状況でした。
こうした状況下で優秀賞を受賞できたことは、草高写真部の力量は間違いのないものであると言っていいでしょう。しかし、かつて多数入賞していたころに比べると、今回の入賞作品はわずか1点。結果は厳しいものとなりました。現実を直視して今後に備える必要性を痛感しています。優秀賞はいただけたものの昨年同様苦戦を強いられることになったのは、各参加校の作品レベルが年を追うごとに急激に上がってきている現実によります。確実に競争は激化しています。事実、入賞作品が出展校の約半数から選出されました。
かつての華やかりしころの復活に向けて意識すべきことは、作品制作にあたって各部員自らの発想だけでなく他校の作品、特に、上位入賞作品の鑑賞、さらには写真家の方々の作品の鑑賞を通じて学びとったことを活かし、各部員がオリジナリティを組み立てていくことではなかろうかと思います。そのためにも個人作品、共同制作を問わず日頃から部内で互いに作品制作についての意見交換を活発に行い、一層の切磋琢磨の、言い換えれば仲良しのなかにも作品作りにおいて馴れ合い的な雰囲気を醸成しない、妥協をしない環境が必須であると感じました。仲間同士、時には厳しく向き合うことも、真のチームワークであると言えます。草高写真部の神髄であるチームワークの一層の充実をと感じさせられた写真展でした。
尚、写真展の名称こそ「地区写真展」ですが、運動部で言うところの県大会を埼玉県内4地区でそれぞれ開催する位置づけです。よって、地区予選の位置づけではないことを申し添えます。

19:23
2018/11/05

8期連続入賞

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問

   初入賞

明日から開催される第35回埼玉県高等学校総合文化祭 高校写真展にあたり、1年生女子(57期)の作品が、自由部門で奨励賞に輝きました。今年度の1年生の入賞は初です。総出展数894点の内、自由部門740点の中から入賞した79点(テーマ部門『しょく』も含めると総計95点入賞)の中のひとつであり、日頃の努力の成果であると素直に喜びたいと思います。作品の制作にあたっては、以前に部の仲間の協力を得てモデルになってもらって撮ったものを見直たうえで再度撮り直したものをさらに撮り直し、3枚の組写真として仕上げました。前回の写真展でも入賞作品2点はいずれも組写真でした。このところ組写真で評価をいただく機会は確実に増えています。
今回の入賞で50期から8期連続で各期からの在籍(卒業)部員の入賞達成となりました。在籍部員全員の入賞には至りませんでしたが、8期連続で、さらに遡れば古くは44期、47期および48期の卒業部員からも入賞者が出ており、卒業部員のいなかった45、46、49期を間にそれぞれ挿めば11期にわたり在籍(卒業)部員の中からの入賞達成となりました。これからの目標は、やはり、在籍(卒業)部員全員の入賞達成です。未達成の部員もまだまだチャンスがあります。皆で、頑張っていきたいものです。

今回、入賞は継続できました。毎度のことではありますが、先述の通りの相当の倍率での入賞達成であり、大喜びするに値します。が、草高写真部においては連続複数入賞の記録は途絶えました。また、上位入賞にも至りませんでした。顧問としては、喜びと悔しさが同居している心境です。悔しい結果となった部分は、部員には何一つ責任はありません。責任は顧問にあります。顧問として、このことをじゅうぶん理解し、顧問と部員とが手を取り合って、共に多方面から多くを学び、悔しさを大きな喜びに変える成果を出したいと、あらためて感じた結果となりました。
51期からつづく在籍(卒業)部員全員の入賞達成を是が非でも実現し、部員達には自信をもって巣立って行ってもらいたいと願っております。

18:38
2018/06/28

記録更新です

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問

   ダブル入賞

6月27日(水)~7月1日(日)開催の第37回埼玉県高等学校写真連盟写真展において、草高写真部の作品が2点入賞(いずれも自由部門で優良賞)しました。いずれも2名の3年生の作品です。
 内訳
  ・部長〔個人出展〕。
  ・部長&副部長〔共同制作〕。
ご覧のように、部長が同一写真展における出展者として個人及び共同制作でのダブル入賞となりました。草高写真部で5人目です。ちなみに副部長は昨年度の写真展でダブル入賞を達成しており、現3年生はダブル入賞で共に肩を並べました。参考までに、昨年度の埼玉県高文連主催の写真展で、当時の1年生女子1名がダブル入賞を果たしています。
また、共同制作の作品は3大会連続での入賞となりました。直近の写真展〔東部地区写真展〕では共同制作の作品が出展できなかったので、3大会連続と位置付けてよいと思います。
さらには51期から55期まで5期連続で、部長が3年次の高写連または高文連主催の写真展での入賞記録も打ち立てました。
もっと申し上げますと、同一写真展における複数入賞が2014年度の東部地区写真展以降、11大会連続となりました。

こうして見ると、草高写真部の力量は確かなものであると言ってよいと思います。しかし、なかなか上位入賞に至れない現実、多数入賞もやや単発的、これらの要因を直視しないと今後の一層の飛躍はありません。
こう思っていた時、今回の写真展で研修会の講師をしてくださった藤村大介先生のお話の中にその大きな指針を見い出せたと思いました。
 《いい写真を撮るための》
  ・「イメージファースト撮影法」
  ・「4W1Hの法則」
前者は、撮る前にイメージを頭に描いたうえでシャッターを押す。後者は、『いつ、どこで、何を、なぜ、どうやって』撮るかを事前に考える。そして、これらがいい写真の撮影に繋がる。これらこそが我々に常に求められることであると実感いたしました。実は、今回の入賞通知を受け取った最初の部会で、『今後の一層の向上のために、撮る前に何を、どうやって撮るかを今後強く意識せよ。』という旨、部員に話したばかりでした。今回の入賞作品から少なからず、また、過去の上位入賞作品からも何をどうやって撮ろうかと事前によく考えて撮ったと感じることができたからです。

研修会の内容を通じて部員たちは、部会での話の内容を強く実感できたことと思います。一層の意識の高揚をと強く願っています。一言で言えば、『事前に入念な撮影計画を立ててから撮影せよ』と、いうことです。いい写真を撮るためには忘れてはならないとても大切なことと言えるでしょう。逆に言うと、不十分な計画、まして無計画な撮影ではいい写真は撮れないわけで、ここが今回の要因と言えるのではないでしょうか。
はじめに入賞ありきで活動をしているわけでは決してありません。が、入賞が活動の大きな励みになることは事実。上位入賞、多数入賞を目指す姿勢は保ち続けたいと思います。そのためにも、『何をどのように』を常に強く意識し、いい写真を撮ることを目標とすべきと考えます。いい写真を撮り、これをいい作品に仕上げ、結果、上位入賞、多数入賞に繋がる。これが理想的な流れです。いい写真を撮る。原点回帰とも言えるこの目標こそ、上位入賞、多数入賞を目指す草高写真部の今後の部是なのかもしれません。

17:59
2018/04/05

待ってます!

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問

  絵文字:キラキラ写真部でがんばろう!絵文字:キラキラ

入学許可候補者のみなさん。いよいよ入学の日が近づいてきましたね。今か今かと楽しみにしていらっしゃることでしょう。

草高写真部では、今年も新入生の皆さんの入部を心からお待ちしています。現在部員は6名で、3年生2名(いずれも女子)、2年生4名(女子3名・男子1名)の陣営で日々活発に活動しています。
おもな活動は草高祭(文化祭)〔9月〕での展示、埼玉県の高校写真部員の作品を展示する写真展〔例年6月、11月、2月の3回〕への出展、草加市美術展への出展、都内を中心とする写真展の作品鑑賞やミニ撮影会です。また、毎年夏〔例年7月下旬の七日間「本年は7/30(月)~8/5(日)〕に北海道東川町(あの旭山動物園から至近)で開催される『写真甲子園』、および毎年冬〔例年2月上旬の3日間〕に横浜で開催される『Top Eye全国高校生写真サミット』への出場をめざし、毎年応募し続けています。

『写真甲子園』は、3人一組のチームをつくり、その中のメンバーで撮影した8枚の写真で組写真を制作して初戦に応募し、一定のレベルに達したチームが代表校決定戦にすすみ〔本年は6/17(日)を予定;草高写真部は2015年に進出実績あり〕ます。ここで勝ち上がったチームが本戦〔北海道〕に招聘されます。現在、2年生女子3名が春休みをフルに活用し、初戦応募作品を鋭意制作中です。
『Top Eye全国高校生写真サミット』は、年4回行われるコンテストに各学校ごとに個人単位で応募し、その総得点の高い学校から順に3人一組が招聘される大会です。昨年度は4回すべてに欠かさず応募しました。本年度も各回、応募を予定しています。

このように日頃から大きな目標を持って活動しており、包み隠さず申しますが活動内容もハッキリ言ってかなりハードです。が、過去、写真展での入賞時や関東大会出展など達成感や成就感を強く感じることができる部です。大きな目標を持って活動している部活動ならば、文化部、運動部を問わず、どこでも共通して言えることですね。

さて、入学式当日ですが、式開始前、式典、式後のホームルームなどの風景を撮影させていただきたく、よろしくお願いいたします。学校としての記録及び部員の作品制作を目的といたします。
当日、写真部員は左腕に腕章を巻いて撮影いたします。ご質問等ありましたら遠慮なくお声かけください。入学許可候補者説明会でも撮影させていただきましたので、見覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。

それでは、入学式でお会いできるのを楽しみにしています。
※作品として発表を予定する場合には、必ず事前に顧問と部員とで挨拶と、承諾をいただくべく伺います。どうぞご安心ください。

 【参考】
  基本的な活動日をお知らせします
   ・火、水、金。
     基本は15:50から
   ・土、日、祝。
     基本は9:30から夕刻まで
      →必要に応じて活動(とは言えかなりの日数になる)。連続日での活動は極力避ける。
    ※GW期間中や夏季休業中、春季休業中もかなり活動します。
   ・月、木。
     基本的にはOFFですが、まれに活動します。
  カメラは持っていなくても大丈夫
   ・デジタル一眼レフのセット、フィルム一眼レフのセットともに、相当台数の貸し出しが可能。
     メーカー、機種がほぼ統一されており、互いに教え合いながら撮影できます。
      →1年生は、時期を見計らって、フィルムカメラに挑戦します。



 
10:32
2018/02/14

入賞記録更新です

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問

  2年連続優秀賞!


去る2月9日(金)及び10日(土)の2日間開催された第33回埼玉県高等学校写真連盟東部地区写真展において、2点入賞いたしました。
 内訳
  優秀賞
   ・2年生女子〔副部長〕《自由部門》
  優良賞
   ・1年生女子《自由部門》
副部長は、昨年度に引き続き連続で優秀賞に輝きました。日頃から得意分野を活かしつつ多彩なジャンルに果敢に挑戦し、本領発揮と言える成果を残せました。1年生は、前回の写真展における共同制作の入賞者5名のなかのひとりで、今回個人出展で初入賞となりました。
今回の入賞で連続入賞記録は更新できました。複数入賞も更新です。が、顧問としては反省材料の目立つ悔しい結果となったことはたしかです。今回も自由部門とテーマ部門「色」とが設けられ、草高写真部から1、2年生8名全員が両部門に計16点出展しましたが、結果は2点入賞でした。テーマ部門は無冠でした。
今回の写真展を振り返ると、東部地区各出展校の作品のクオリティが確実に高くなっていることが読み取れました。会場で展示された作品を見て、即座に感じました。例年に比して全紙サイズ(53㎝×42㎝)での出展数が大幅に伸びたこと、数年前まで出展数ゼロに等しかった組写真が計7点も出展されていたこと、さらには多くの出展校から入賞作品が選考されたことからもクオリティが高くなったことがわかります。視点を変えれば競争が激化したと言えます。
草高写真部の作品、決して稚拙ではなく、高いクオリティであったと自負はあります。が、我々をはるかに超えるクオリティの高い作品が各校から数多く出展されていたのも事実です。
複数の作品が入賞できたとは言え、出展数に比して入賞数がこれほどまで少なくなったことを真摯に受け止めなければつぎへの飛躍はありません。副部長が連続で優秀賞に輝いたことが救いでした。このことは誇りに思ってよいです。このままで終わらせたくはありません。顧問、部員共々リベンジを誓った写真展でした。  

09:00
2017/12/12

3年連続!3期連続!

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問

  関東大会!!!

今年も関東地区高等学校写真展〔以下;関東大会〕の季節がやってきました。今回は第24回で、地元埼玉県での開催です。来たる1月31日(水)から2月4日(日)までさいたま市文化センター〔南浦和駅から徒歩約10分〕で開催されます。例年通り、1都7県(含;山梨)の高等学校文化連盟の写真専門部会(写真部会・写真部門)からそれぞれ20点、計160点が展示される予定です。
今回の関東大会に、草高写真部の作品が3年連続で推薦されました。本年6月から7月にかけて開催された写真展で優秀賞をいただいた、(唯一の)3年生1名と2年生(2名全員)の3名が共同で制作した今年3月の卒業式の式典風景を撮影したものです。現3年生を率いて2年連続で関東大会に出展した第53期生部員4名への感謝と餞をこめて撮影に臨みました。今回は第54期生部員(唯一の現3年生)が第55期生部員(現2年生2名)を率いての出展です。よって、3期連続で部員全員が関東大会への出展を果たすことになります。しかも3年連続で共同制作の組写真です。この点から見てチームワークはもう草高写真部の顔と言って間違いありません。
昨年度同様全国大会の規定により、埼玉県において高校写真部における共同制作の作品の関東大会への出展は、高校写真部としての最高峰の大会への推薦と言えます。今回も昨年度同様延べ1,900点ほどの作品からノミネートされた内、20点が関東大会へ推薦されました。非常に多くの作品の中から推薦いただいたことを今回も誇りに思い、もっともっとの思いも新たにいたしました。
例年、開催都県による作品展示コーナーが設けられます。今回は埼玉開催。よって埼玉県の入賞作品を展示する「県内企画展」が併設されますが、ここにも草高写真部の作品が1点展示されます。現1年生女子部員全員が制作した共同制作の作品です。関東大会推薦作品と併せ、ご鑑賞いただければと存じます。

 【追記】
前回の報告で2大会連続での共同制作の組写真の入賞が初であるかのようにお伝えしました。同一年度内での連続入賞は確かに初ですが、それ以前に、年度をまたいでの2大会連続での入賞がありましたので、お伝えいたします。因みに、第22回関東大会〔優秀賞〕と第23回関東大会とに出展した作品が該当します。
年度をまたいでの場合、間に地区写真展が開催されます。この写真展は埼玉県内4つの地区がそれぞれ独自性を出しての開催となります。参加要領等が6月~7月及び11月の写真展とは異なります。よって、『連続』と扱うかどうかは状況に応じて判断をしています。
18:44
2017/11/02

チームワーク全開!

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問

 絵文字:キラキラ団体入賞 連続です!絵文字:キラキラ

来たる11月7日(火)から12日(日)まで開催される第34回埼玉県高等学校総合文化祭 高校写真展にあたり、自由部門、テーマ部門『こころ』のそれぞれで1点ずつ計2点入賞しました。
今回は大きな金字塔を打ち立てました。それは、草高写真部のチームカラーとも言えるチームワークをフルに発揮できたことです。具体的には共同制作〔以下;合作〕の組写真が2大会連続で入賞したことです。

今回の入賞作品は、いずれも1年生女子の作品です。
件の合作は1年生女子部員5名全員によるもので、夏休み中複数回にわたって夏祭りに出向いて撮影したものを七色の虹に見立てて表現したものです。「七色」を発見するのにはやはり相当苦心しました。1回目の撮影で満足した成果が得られず、再撮影にも出向きました。5名による合作なので5名全員の撮影が必須です。この条件を満たすためにもあらゆる角度からの工夫をしたのは事実です。こうした苦労が実っての入賞ゆえ、顧問も喜びは非常に大きいです。この作品は自由部門です。
テーマ部門の入賞作品も1年生女子の作品です。よって、前回の写真展に引き続き連続でダブル入賞も達成しました。ちなみに彼女はダブル入賞4人目です。

連続で合作の作品が入賞したことにより、草高写真部のチームワークはもう揺るぎないものと言えます。また、前回の合作は(唯一の)3年生と(2名在籍の)2年生の計3名による入賞でした。つまり、在籍中の女子部員全員が入賞経験を有することとなったわけです。となればやはり、唯一の男子部員に次の機会には必ず、そして、今回も到達できなかった最優秀賞を必ずの気持ちを新たにしました。これらの点では悔しさが残ったことも確かです。草高写真部にゴールはありません。達成したい大きな目標がまだまだ数多くあります。

あわせて報告いたします。先般開催された第35回草加市美術展に2年生部員2名が出展し、いずれも入選して会場に展示されました。内1点が奨励賞をいただきました。今後、地域の皆様との繋がりも一層強めていく所存です。

10:22
2017/06/22

複数入賞連続です ダブル入賞も!

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
  
 絵文字:キラキラチームワークの勝利です絵文字:キラキラ
 
来たる6月28日(水)から7月2日(日)まで開催される第36回埼玉県高等学校写真連盟写真展にあたり、草高写真部の作品が2点入賞しました。
複数入賞は2014(平成26)年度の地区写真展以降、8大会連続となりました。また、2名在籍中の2年生部員のひとりが両入賞作品に制作者として名を連ねました。唯一の3年生部員、及び今春卒業した前部長につづき同一写真展における出展者として、3人目のダブル入賞となりました。

今回の入賞作品は、ひとつは2年生部員が個人で制作した自由部門出展作品で、奨励賞でした。もう一つは唯一の3年生と2名在籍の2年生との3名の共同制作〔以下;合作〕の組写真でテーマ部門「学校」出展した作品で、なんと優秀賞です。
合作の入賞作品は、今春の卒業式の風景を撮影したものです。卒業式は年間の学校行事中最も重要かつ厳粛な行事です。ゆえにまずは学校側に撮影許可の確約をいただき、次いで式典の場を乱さぬよう事前に入念な撮影計画をたて、さらには万一撮影中にクレームが生じた場合は即刻撮影をを中止することを学校側とも確認しました。準備段階では式典当日の流れをまとめたスケジュール表を手配して一人ひとりのうごきを綿密に記入し、顧問も含めた4名が当日これを携帯して、周到にも周到な準備とともに絶対に場を乱さぬ覚悟で撮影に臨みました。式典前日の予行で実際のうごきの確認とともに、写りこむ可能性のある卒業生や教職員に承諾も得たうえで当日に備えました。

今回またも合作の組写真で入賞を果たしたことにより、草高写真部のチームワークはほぼ定着したと言ってまちがいないものと思います。合作組写真の入賞は3年連続です。チームワークはもうチームカラーと言ってよいでしょう。しかも優秀賞をいただけました。ちなみに優秀賞は、今回出展作品約1100点中わずか10点です。が、まだまだ満足はしていません。未到達の最優秀賞をという気持ちはとても強いです。次回こそをの信念で今後もさらに向上を目指します。ご支援よろしくお願いいたします。

あわせて近況の報告もさせていただきます。1年生がなんと8名入部し、しかも内3名が男子。47期生部員卒業後6年の時を経ての男子部員です。入学して約3か月。日々着実に成長し続けていると感じています。
1年生8名も必ずやチームカラーを受け継ぎ、先輩たちにつづく大きな成果を実現するものと確信しています。

18:21
2017/04/05

来たれ!写真部へ

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
 絵文字:キラキラ写真部へのいざない絵文字:キラキラ
   
入学許可候補者のみなさん。まもなく入学式。指折り数えて待っている方もいらっしゃることでしょう。

草高写真部では、今年も新入生の皆さんの入部を心からお待ちしています。
現在部員は3名。すべて女子で3年生が1名、2年生が2名です。おもな活動は草高祭(文化祭)〔9月〕での展示、埼玉県の高校写真部員の作品を展示する写真展〔例年6月、11月、2月〕への出展、都内を中心とした写真展の作品鑑賞やプチ撮影会などで、さらに今年からは草加市で開催される写真展への出展の機会も増やしていく予定です。また、毎年夏〔例年7月下旬の7日間「本年は7/24(月)~7/30(日)」〕に北海道東川町(あの旭山動物園から至近)で開催される『写真甲子園』の本戦に出場すべく毎年応募(挑戦)し続けています。今年も応募できるよう、2年生が着々と準備(撮影、写真の構成等々)を進行中です。

『写真甲子園』は、3人一組のチームをつくり、3人それぞれが撮影した写真を8枚で組んで応募します。が、現在2年生が2名ゆえこのままでは応募が非常に厳しく、新入生に入部してもらい、その中の誰か1名がチームに加わってもらってはじめて応募が成り立つ状況にあります。新入部員用のメニューは2年生がきちんと用意してありますから不安はありません。北の大地をめざし、我こそはと思う方、是非、入部してください。
本戦出場へのハードルは、とても高いです。GWまでには作品をつくり上げて応募します。内、一定のレベルに達したチームのみが代表校決定戦〔本年は6/11(日)を予定「草高写真部は2015年に進出実績あり」〕に進出し、ここで勝ち抜いたチームが本戦に招聘されます。参考までに招聘された場合の諸費用は、その大半が主催者負担です。草高写真部は『写真甲子園』応募以外の活動も含め、日頃の活動はかなりハードです。が、2年連続での関東大会出展を含め写真展での入賞達成の時などを中心に、達成感を強く感じることができる部であることも確かです。

さて、入学式当日ですが、式の前、式典、式後のホームルームなどで皆さんの姿を撮影させていただきたく、ご協力よろしくお願いいたします。学校の記録としてとともに、写真展出展のための作品づくりも展開します。
当日は写真部員が左腕に腕章を巻いて撮影しますので、ご質問等も遠慮なくお尋ねください。すでに入学説明会の際にも撮影させていただきましたので、部員の姿を見かけた方もいらっしゃるかと思います。その時と同様のスタイルです。

それでは、入学式を楽しみにしています。
※作品として発表する場合は必ず事前に顧問と部員が承諾をいただきに伺います。ご安心ください。

 【参考】
  基本的な活動日をお知らせいたします。
   ・火、水、金。
    基本は15:50から。
   ・土、日、祝。
    基本は9:30から夕刻まで。
     →必要に応じて活動(とは言えかなりの日数になります)。土日祝連続は極力避けます。
   ※GW期間中や夏季休業中及び春季休業中もかなり活動します。
     月、木もまれに活動しますが不定期です。
  カメラは持っていなくても大丈夫。
   ・デジタル一眼レフ、フィルム一眼レフともに、相当台数貸し出し可能。
    メーカー、機種がほぼ統一されています。互いに教え合いながら撮影できます。
     →1年生は、時期を見計らって、フィルムカメラでの活動をします。




10:20 | 部活紹介
2017/02/13

2年連続達成!

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
  出展者全員入賞!!

2月10日(金)および12日(日)に開催された第32回埼玉県高等学校写真連盟東部地区写真展(以下;地区展)において、昨年度の地区展に引き続き出展者全員入賞を達成いたしました。これにより51期生部員から55期生部員(現1年生〔2名〕)までの在籍部員全員が地区展入賞となりました。
 内訳
  優秀賞
   ・1年生女子《テーマ部門「絆」》
  優良賞
   ・2年生女子〔部長〕《自由部門》
   ・2年生女子〔部長〕《テーマ部門「絆」》
   ・1年生女子《自由部門》
地区展は東部地区の場合、毎回自由部門とテーマ部門とが設けられ、双方に個人単位で出展できます。草高写真部では現在の形態での開催となって以降、出展者は毎回両部門に出展しつづけています。本年度2年生部員〔部長〕は1名。勿論両部門に出展しました。よって、内訳からもおわかりいただけるかと思いますが、唯一の2年生部員が両部門での入賞を果たしました。現在の形態での両部門入賞は草高写真部では初です。今後の活動への大きな刺激となったことは間違いありません。尚、1年生部員はそれぞれがどちらかの部門で入賞となりました。
今回も昨年度に続いて出展者全員が入賞できました。部員ひとりひとりの日頃の努力が実を結んだと言ってよいでしょう。最優秀賞にあと一歩及ばなかった無念さがないわけではありませんが、何よりも連続で出展者全員入賞、あわせて両部門入賞も実現できたことを心から喜びたいと思います。草高写真部の実力が着実にステップアップしていることの証です。
ちなみに両部門入賞の2年生は、先の関東大会のメンバーの一員でもあります。1年次の秋の高校写真展では個人及び共同制作の作品双方で入賞を果たしており、形は違いますが、ダブルでの入賞2回目です。
今回の地区展では先の関東大会で東部地区から推薦された作品3点の作者(草高3年生4名以外の)3名が、皆、両部門入賞となりました。互いの健闘を讃え合うとともに今後東部地区から一点でも多く関東大会、さらには全国大会へ推薦されるよう3名も含めて皆で一層の奮励をと思えた写真展でした。



10:21
2016/11/29

そっくりそのまま連続です

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
 祝 関東大会!!!!!


来たる1月31日(火)から2月5日(日)まで開催される第23回関東地区高等学校写真展 千葉大会〔以下;関東大会〕に、草高写真部の作品が昨年度に引き続き推薦されました。大会には1都7県(含;山梨)の高等学校文化連盟写真専門部からそれぞれ推薦された20点、計160点の作品が展示される予定です。
草高写真部からの作品は本年6月から7月にかけて開催された写真展で優秀賞をいただいた作品で、本年の入学式の風景を撮影させていただいたものです。3年生4名(全員)と(唯一の)2年生1名の計5名で制作しましたが、このメンバーは昨年度の関東大会優秀賞受賞メンバーです。よって、現在の3年生及び2年生の部員全員が2年連続関東大会出場の金字塔を打ち立てたことになります。今大会に昨年の優秀賞受賞メンバーがそっくりそのまま連続で推薦していただいたことにより、草高写真部のチームワークや実力が決してまぐれではないことを証明したと思います。1年生たちにもとてもよい刺激になったと思います。このよき伝統はまちがいなく継承されるでしょう。
昨年度と同じく規定により共同制作の作品は全国高校総合文化祭には出展ができないため共同制作の作品の関東大会への推薦は、高校写真部における共同制作による作品が出展できる事実上最高峰の大会への推薦と言えます。なお、今大会にあたり埼玉県からは述べ1,900点ほどの作品の中からノミネートされた200点中20点が推薦されました。多くのなかから連続で推薦していただいたことへの誇りとともに、さらなる大きな目標の達成に向けて、なお一層の精進への誓いを新たにいたしました。
今大回の写真展は千葉市中央区の千葉県立美術館で開催されます。JR京葉線および千葉都市モノレールの千葉みなと駅から徒歩10分ほどのところにあります。至近には千葉ポートタワーもある恵まれたロケーションと言えます。海なし県埼玉ゆえ滅多に見ることのない(?)海を眺めつつ数多くのすばらしい作品に触れ、『見る目』を養ってきたいと思っています。





17:44
2016/11/01

4点入賞です

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
   4点入賞しました

来たる11月4日(金)から始まる第33回埼玉県高等学校総合文化祭 高校写真展〔以下;高文連写真展〕にあたり、草高写真部出展の作品がなんと4点入賞しました。前回の第35回埼玉県高等学校写真連盟写真展〔以下;高写連写真展〕につづきまたまた複数入賞で、しかも今回は大挙4点です。今回のような大量入賞は高文連写真展、高写連写真展のいずれでも少なくてもここ十数年は例がなく、快挙と言ってもよいでしょう。内訳は以下の通りです。

  優良賞
   ・テーマ部門「学校」 2年生女子〔部長〕
   ・自由部門       1年生女子
   ・自由部門       1年生女子
  奨励賞
   ・自由部門       1年生女子

今回は出展数7点、出展者6名でした。よって今回の入賞はいずれの角度から見ても過半数です。特に、1年生が3名も入賞できたことは入学後着実にレベルアップを続けたことの証であり、今後につながる大きな収穫であったと言えるでしょう。が、顧問としては、上位入賞を果たせなかったことの悔しさのほうが大きく、精いっぱい頑張った部員たちに対して申し訳ない気持ちは強いです。この悔しさを忘れず、部員の個性を尊重してさらなる向上を顧問、部員ともども目指していく新たなスタートとなったと思います。
なお、写真展は今回も昨年度同様東西南北4地区でそれぞれ開催します。草高写真部の作品が展示される東部地区の写真展は11月19日(土)《11:00~17:00》及び20日(日)《09:00~15:30》の2日間、春日部市中央公民館〔東武アーバンパークライン八木崎駅からすぐ〕で開催します。ぜひご覧いただき、ご批評賜れば幸いです。
21:12 | 部活紹介
2016/06/29

2点入賞しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
 祝 2点入賞〔優秀賞・優良賞〕しました

本日から7月3日(日)まで開催される第35回埼玉県高等学校写真連盟〔以下;高写蓮〕写真展において、草高写真部の出展作品の中から2点が入賞しました。高写連および埼玉県高等学校文化連盟写真専門部〔以下;高文連〕主催の写真展ではこれで6大会連続入賞、内、今回までの連続5大会ではいずれも複数入賞となりました。以下、内訳です。

  優秀賞
   テーマ部門「学校」
    ・3年生(4名全員)と2年生(唯一1名)による共同制作。

  優良賞
   自由部門
    ・3年生〔部長〕。


優秀賞受賞作品は、昨年度の関東大会優秀賞受賞メンバーが本年4月の入学式の風景を撮影した作品です。関東大会出場の同一メンバーがそっくりそのまま入賞し、しかも昨年度の高文連主催の写真展での優良賞・講師賞(注:本年度からはなくなりました)から優秀賞へと見事にステップアップしました。常日頃の活動への真摯で積極的な姿勢やチームワークの良さが功を奏しての成果であり、大変喜ばしく思っています。このよき伝統を1年生部員たちも必ずや受け継ぐものと確信しています。
今回の作品制作にあたっては、草高の生徒は勿論、保護者の方にも撮影へのご協力および制作へのご承諾をいただいたことによるところが非常に大きかったです。あらためてご協力およびご承諾に感謝申し上げます。
優良賞受賞作品は、動物好きな部長ならではの作品で、動物への愛情満ち溢れた、しかも迫力満点の作品です。
今回の部長の受賞により、一昨年度から3年連続で部長が3年次に高写連主催または高文連主催の写真展で入賞となりました。自らの技量向上に努めるとともに後輩への指導や部の統率にも尽力したことを通じての入賞であり、まさに努力の結晶であると言えます。さらには部長は上記共同制作のメンバーでもあり、いわば団体戦、個人戦ともに入賞という輝かしい成果をあげたといえましょう。
今回の結果を通じて言えることは、草高写真部の実力がさらに高いレベルに向上し、そして安定しつつあるということです。2大会連続同一メンバーで、しかもステップアップしての入賞は、決してまぐれではないと、手前味噌ではありますが申し上げることができます。入賞メンバーだけではありません。他のすべてのメンバーも、こうした環境の下で日々活動していることを通じて自分たちも気づかぬうちにレベルは向上しているはずです。自信をもってのぞめばさらなる向上に確実に繋いでいけることと思っています。が、ここで忘れていけないのは、決して自信を過信にしてはいけないということです。有頂天にならず、上には上がの気持ちを常に持ち、前向きに、そしてあくまで謙虚にを忘れず、一層の精進をし続けていくことが大切です。
13:50
2016/04/04

撮影をさせていただきます

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問

 絵文字:キラキラ写真部へ来たれ!絵文字:キラキラ


入学許可候補者のみなさん、入学式の日が近づいてきました。今は新生活への期待と不安とでいっぱいなのではないでしょうか。

草高写真部では、新入生の皆さんの入部を心からお待ちしています。
現在3年生4名、2年生1名の計5名で活動しています。ちなみに全員女子です。おもな活動は草高祭(文化祭)〔9月〕での展示、埼玉県の高校生の作品を展示する写真展〔例年6月、11月、2月〕への出展、都内を中心とした写真展の作品鑑賞などです。さらには毎年夏に北海道で開催される「写真甲子園」に毎年挑戦しています。もちろん今年も応募できるよう着々と準備を進めています。
「写真甲子園」は、3人一組のチームを組んで応募します。が、現在の草高写真部のメンバー構成ですと、新入生に2名は入部してもらわないと応募ができなくなるかもしれない状況です。我こそはと思う方は、ぜひ、写真部の門を叩いてみてください。
応募したから必ず行ける大会ではなく、事は簡単に進むはずはありません。また、「写真甲子園」以外の活動も含め、日頃の活動も決して楽ではなく、ハードな一面も多々あることを嘘隠しなく申し上げます。でもこれは、真剣に活動している部活動ならばどこでも共通して言えることではないでしょうか。どの部活動でも言えることですが写真部も、写真展で入賞した時などを中心に成就感、達成感のとても大きい部です。

さて、入学式当日のことですが、皆さんの姿を撮影させていただきたく、ご協力よろしくお願いいたします。式の前、式典、式後のホームルームなど多くの場面での撮影を予定しています。当日の様子を6月開催予定の写真展に、5人のメンバー共同制作で出展する予定です。
当日写真部員は左腕に腕章を巻いて撮影をいたします。いずれも関東大会優秀賞受賞メンバーです。写真部へのご質問も合わせてお聞きしますので、見かけたときは遠慮なくお尋ねください。

それでは、入学式の日にお会いしましょう。楽しみにしています。

 【参考】
  基本的な活動日をお知らせいたします。
   ・火、水、金。
     基本は15:50から
   ・土、日。
     基本は9:30から夕刻まで
      →必要に応じて活動(とは言えかなりの日数になる)。土日連続は極力避ける。
    ※GW期間中や夏季休業中、春季休業中もかなり活動します。
      月、木もまれに活動はしますが、不定期です。
  カメラは持ってなくても大丈夫。
   ・デジタル一眼レフ、フィルム一眼レフともに相当台数貸し出し可能。
     メーカー、機種がほぼ統一されています。互いに教えあいながら撮影できます。    
      →1年生は、フィルムカメラでの活動を中心としています。

     





19:12
2016/02/07

世代をこえて

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
   出展者全員入賞!

2月5日(金)から7日(日)まで開催された第31回埼玉県高等学校写真連盟東部地区写真展(以下;地区展)において、出展者(1、2年生全部員)が全員入賞しました。内訳は以下の通りです。
   優秀賞
    ・2年生女子《自由部門》
    ・2年生女子《テーマ部門(光)》
   優良賞
    ・2年生女子《自由部門》
    ・2年生女子《テーマ部門(光)》
    ・1年生女子《テーマ部門(光)》
今回1年生も入賞したことにより、昨年3月に卒業した51期生から現1年生の54期生まで4期にわたる部員全員が地区展での入賞者となりました。さらには一昨年卒業の50期生のひとり(54期生の姉)が在校中1,2年次に出展し、いずれにおいても入賞しております。よって5期連続での入賞者輩出となりました。また、地区展が現在の形態での開催となって(復活して)5大会目ですが、草高写真部はその5大会すべてで、かわるがわるのごとく入賞者を出しています。ちなみに今回出展した部員は皆、先の「関東大会」のメンバーです。
地区展は県内東西南北各地区がそれぞれに独自性を活かした形態での開催となっています。東部地区の場合、生徒(参加校単位)とともに各校顧問も、全出品作品のなかからすぐれていると思える作品選出のための投票に参加し、これらの投票結果を重視するかたちで入賞作品を選出します。よって、参加生徒は勿論、各校顧問にとっても他校の作品を鑑賞したうえで、単に見て終わりではなく、自らの責任のもとにすぐれた作品の選考に携わることを通じ、よりよい作品づくりに向けた目を養うとてもよい研修の場となっていると言ってもよいでしょう。
今回の結果を含め草高写真部のこの1年間を振り返ると、高い次元での安定感が着実に定着しつつあると実感できます。本年度の埼玉県関連の写真展で毎回複数の作品が賞に入り、特に今回は出展者全員が入賞したことからも、揺るぎない安定感が確立されていると言っても過言ではありません。
その一方矛盾するようですが、われわれは入賞を第一に活動しているのではありません。あくまで写真を生涯楽しめるようになることを第一目標においています。が、やはり、入賞は大きな励みにつながります。今回の成果に自惚れず、人として大切なことを常に忘れずに活動し続け、さらなる大きな成果を得られるよう日々精進することが大事です。
尚、先の「関東大会」出展作品および今回の入賞作品を本校2階北側渡り廊下で展示中です。ぜひご覧いただき、ご批評賜れば幸いです。
11:40
2016/02/03

優秀賞をいただきました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
 祝 関東大会 優秀賞!

第22回関東地区高等学校写真展 栃木大会(以下;関東大会)が先日開催されました。
1都7県(含:山梨)から各19~20点ずつ、計158点が出展され、内20点が優秀賞を受賞しました。優秀賞は、写真展の審査委員ならびに講演会の講師をつとめていただいた写真家 ハービー山口 先生により選出された作品です。
今回の関東大会で、草高写真部の作品が見事、優秀賞に輝きました。

我々は諸行事が実施される1月31日(日)に会場に向かいました。その際受付で受け取った目録に受賞の記載があり、このときはじめて受賞の事実を知りました。顧問はよろこびと驚きとが錯綜し、にわかには信じられませんでした。作品が展示された場所にいき、確かに受賞の札が貼られているのを5名の部員共々皆で確認し、確信に至ったほどでした。
すでにお知らせしましたが、今回の作品は5名の部員による共同制作による組写真です。当日実施された表彰式では登壇したのは部長でしたが、表彰状授与の際には5名全員の氏名が呼ばれ、皆、一生の良き思い出となったことと思います。展示会場でも5名全員の氏名を掲示していただきました。細かな配慮をしてくださった栃木県の関係者の方々に、あらためて感謝を申し上げます。

表彰式後の講演会で優秀賞の作品がすべて紹介され、ハービー山口先生が一つ一つの作品について丁寧な講評をしてくださいました。草高の作品の紹介の際には講評とともに組写真についてのいろいろな話も含め我々が知らなかったことが多く紹介され、顧問、部員共々あらためて勉強になりました。他にも先生の作品の紹介や写真に向かう時の大切な心構えなど、どれも全てが感動的な内容でした。
講演会後展示会場において、先生から個々の作品の講評をしていただける機会が設定され、我々も講評をお願いしました。その際に草高写真部は作品の内容へのお言葉とともにチームワークの良さをほめていただきました。部員たちには間違いなく大きな自信につながったと確信できた瞬間でした。

高校写真部による共同制作の組写真としての最高ともいえる栄誉に輝いたとは思いますが、まだまだ満足していません。
昨季限りでユニフォームを脱いだ原 辰徳氏が現役選手を引退する時に、確か「夢には続きがあります」と語ったと記憶しています。この記憶に間違いがなければ、この言葉はまさに今の草高写真部も同じです。
いまだ達成していない、また、二十数年間空白となっているさらなる大きな大会の出場に向けて、まだまだやるべきことがたくさんあります。



11:37
2015/11/25

関東大会に推薦されました

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問

  関東大会!!!!!


来たる1月27日(水)から31日(日)まで開催される第22回関東地区高等学校写真展 栃木大会〔以下;関東大会〕に、草高写真部の作品が推薦されました。今回は宇都宮市の栃木県総合文化センターを会場に開催されます。1都7県(含:山梨)の高等学校文化連盟写真専門部から推薦された20点の作品がそれぞれ展示される予定です。
草高写真部からは11月に開催された写真展で入賞した、共同制作〔以下;合作〕による作品が推薦されました。この作品は2年生4名(全員)と(唯一の)1年生1名の計5名で制作しました。よって、2年生部員と1年生部員の全員が関東大会へと推薦されたことになります。規定により合作の組写真は全国高校総合文化祭には出展ができないため、今回の関東大会への推薦決定は高校写真部における合作の組写真が出展できる事実上最上位の大会への推薦とも言えます。
今回推薦された作品には先般の「写真甲子園 2015」の代表校決定戦のメンバーも当然ながら制作に加わっており、またも草高写真部のチームワークのよさを余すことなく発揮したと言えるでしょう。このチームワークこそが草高写真部の最大の魅力であり、ぜひとも良き伝統として今後末永く受け継がれていくことを願ってやみません。
埼玉県からは延べ1、800点余りのなかからノミネートされた178点中20点が推薦されました。今回推薦いただいたことを誇りに、今後さらなる大きな目標達成に向け部員、顧問共々一層邁進する覚悟です。今後とも各方面からのご支援よろしくお願いいたします。
会場は東武宇都宮駅から徒歩10分ほどにあり、草高からも行きやすい場所ではと思います。こうした点からも今回推薦いただいたことに感謝し、素直に喜ぶと共に、さらなる前進への誓いを新たにいたしました。
11:44
2015/10/28

全員入賞 継続です!!

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
  祝 連続入賞2作品

10月28日(水)から始まった第32回埼玉県高等学校総合文化祭 高校写真展〔以下;高文連写真展〕にあたり、去る7月に開催された第34回埼玉県高等学校写真連盟写真展につづき今回も2作品が、それぞれ自由部門で入賞しました。いずれの作品も優良賞および講師賞のダブル受賞となりました。昨年度同時期の第31回高文連写真展以降、高写連ならびに高文連写真専門部主催の写真展において今回で4大会連続入賞となりました。同時に後述のように1年生部員が入賞したことにより、一旦途絶えた部員の全員入賞の記録が短期間で再起しました。ちなみに講師賞とは、写真展期間中に開催される部員ならびに顧問対象の研修会の講師をつとめていただく著名な写真家の方による賞で、プロに認められた作品に授与される賞であるとも言えます。
入賞作品のひとつは1年生女子の個人制作による作品です。当該部員は漫画研究部を兼部し、両立をさせながら地道に活動を継続させたことに加え写真部唯一の1年生部員としても先輩からのアドバイスを受けながら自己をしっかり見つめ、元来持ち合わせの才能も活かして着実に実力をつけていった、今後も一層成長が見込まれる人物です。今や希少価値とも言える銀塩モノクロで、かつ3枚組での出展となりました。制作中は暗室で格闘(?)する毎日でした。何度も何度も焼き直し、納得するまで制作をつづけました。
もうひとつは2年生4名全員と先に紹介した唯一の1年生との5名による共同制作〔以下;合作〕です。草高野球部が夏の甲子園を目指して戦った埼玉県予選での場面を各部員が撮影し、試合終了直後以降の場面を編集しました。撮影当日は正顧問の都合により副顧問の引率の元、記録写真の撮影に加え作品制作を強く意識し、個人出展の単写真は勿論、特に、各人が5~6枚組の個人作品を制作することを常に意識して撮影するようにと事前に確認の上臨みました。結果、各人の個性がひとつになり、草高写真部ではもしかすると初となる合作組写真での入賞となりました。6月の「写真甲子園」2015の代表校決定戦進出と同様に草高写真部のチームワークのよさを如何なく発揮できたとも言えます。
例年ですと高文連写真展は11月上~中旬にさいたま市の埼玉会館をお借りして開催しますが、本年度と来年度は埼玉会館の改修工事の関係でお借りできず、本年度は10月28日(水)の南部地区を皮切りに東西南北の4地区ごとで会場を分散した形態での開催となりました(来年度の開催形態は未定です)。草高写真部は東部地区での開催となります。日時等は下記のとおりです。ぜひご覧いただき、ご意見賜ればと存じます。
今回の入賞に満足せず、今後さらなる成果をと一層精励する覚悟です。更なる一層の激励をよろしくお願いいたします。

    日時(一般公開) : 2015(平成27)年11月21日(土) 11:00~17:00
                               22日(日) 09:00~15:30
    会場 : 春日部市中央公民館
                  東武アーバンパークライン八木崎駅からすぐ
17:01
2015/07/01

2名入賞しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問

    2名入賞

本日から7月5日(日)まで開催される第34回埼玉県高等学校写真連盟写真展にあたり、2名が優良賞に入賞しました。3年生部員がテーマ部門『学校』で、2年生部員が自由部門での入賞です。
3年生部員は美術部員としても日々活動に精励すると同時に写真部部長として日々部のまとめと自己研鑽とに全力を注ぎつづけた人物です。ここまでの努力が実り、1年次に開催された第29回埼玉県高等学校写真連盟東部地区写真展〔以下;地区展〕につづく2度目の入賞となりました。先般の第30回埼玉県高等学校写真連盟東部地区写真展ではわずかのところで入賞を逃し、悔しさを表していましたが、今回見事リベンジを果たしました。
2年生部員は先般の第30回地区展につづいての連続入賞となりました。顧問の想像を超える才能を有し、今後もさらに磨きがかかることが大きく期待できる人物です。また、先の「写真甲子園」2015代表校決定戦のメンバーのひとりです。
今回の写真展ではのべ1012作品が展示されていますが、会場の日程の都合で期末考査とまともにぶつかってしまい、部員たちの鑑賞の機会が設けられず残念です。入賞作品をはじめ今回の出展作品全7点は、早い機会に校内においてご披露させていただく予定です。
今後も一層の技量向上に顧問も含めて全力でのぞんでいく所存です。ご支援よろしくお願いいたします。
08:28 | 部活紹介
2015/06/15

ブロック別公開審査会(代表校決定戦)に出場しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
先日の「草高Now」で皆様にご覧いただきました第22回全国高等学校写真選手権大会〔「写真甲子園」2015〕の北関東ブロック公開審査会が6月14日(日)にさいたま市で実施され、プレゼンテーションをはじめとする審査会にのぞみました。前年までとしくみが変わり、従来はなかったこの形態の審査会が今回から導入されました。
代表校には同じ埼玉県の埼玉栄高等学校、ならびに埼玉県立芸術総合高等学校の2校が決まりました。北関東ブロックの、また、埼玉県の代表として、ぜひとも優勝、準優勝を!我々も心から健闘を祈っています。
草高写真部は2008年から今回まで8年連続で毎年欠かさず初戦応募を続けてきましたが、今回初めて「公開審査会進出校」(従来の決勝進出校)に選ばれました。今回選んでいただいたことを誇りに思い、これを弾みにさらなるステップアップ、すなわち本選出場を大きな目標にして、今から来年を見据えた活動をと思っています。
選手たちは堂々とプレゼンテーションにのぞみ、他校に決して負けていない姿勢を披露してくれました。作品も決して稚拙なものではなくしっかりと制作したと感じています。が、代表校となった2校の作品は、われわれのそれよりもはるかに素晴らしい作品であったのは事実です。われわれに足りなかったものは何なのか、また、よかったことは何なのか、これらを冷静に振り返り、今後の活動にあらゆる角度から取り入れていくことによって来年を見据えた活動につながると言えます。
審査会の最後に代表校選手からの決意表明、ならびに各参加校選手からの挨拶がありました。われわれは初めての決勝進出、いわば初めの一歩ということもあってこの場に参加させていただいたことへの喜びが顧問も含めてとても大きく、笑顔でさわやかな挨拶となりましたが、過去本選に出場経験があり、今回本選出場を逃した学校の選手の中には悔しさのあまり涙で言葉がでてこない場面もありました。顧問(監督)、部員(選手ならびに選手以外も)みな、この場面から感じたことは多くあったはずです。顧問には、「われわれは、まだまだだな。」と思えたと同時に、たった1枚の写真に賭ける熱き想いというものをこの場に集まった全員が共有したとも思えました。
最後に顧問から。私のような者を審査会の「監督席」に座れる機会を与えてくれた選手(部員)たちに、心から感謝と敬意を表します。
16:59
2015/04/22

2015年度新体制スタート

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問

順調な新スタートとなりました。ここで現況と活動内容、今後のおもな予定などをお知らせします〔4月22日現在〕。

1.メンバー
   総勢7名、すべて女子です。3年生2名、2年生4名、1年生1名です。
    →1年生が1名入部しました。
2.活動内容
   毎週火、水、金曜日の通常15:50から化学室(南校舎1階)で活動しています。写真展などの大きな行事の前などには土
   日も活動します(土日連続は極力避けるつもりです)。最近は土日もかなり活発に活動しています。
   また、他校との交流会、校外撮影会、著名な写真家の写真展の作品鑑賞などを授業日以外の日(土日祝や代休)に実施
   することもあります。
3.今後のおもな予定
   ・吹奏楽部スプリングコンサート撮影〔4月29日(祝)〕。
   ・演劇部三郷演劇祭・春季高校演劇祭撮影〔5月2日(土)、5日(祝)〕。
   ・第22回写真甲子園初戦応募。
   ○第34回埼玉県高等学校写真連盟写真展〔7月1日(水)~5日(日)〕出展。
   ・夏季休業中の技術講習会(2回)に1年生が参加。
   ・草高祭出展〔9月4日(金)・5日(土)〕。
    →ここ数年、草高のほぼすべての部活動を網羅した作品を展示しています。
   ○第32回埼玉県高等学校総合文化祭 高校写真展〔11月上~中旬〕出展。
   ・第31回埼玉県高等学校写真連盟 東部地区写真展〔2月上旬〕出展。

草高祭出展に向けてはかなり早い段階から各部活動の活動風景を撮影し始めます。校内はもちろん、時には校外にも出向き、活発に撮影をします。多人数での撮影ではありませんが、その撮影光景は、手前味噌ですがなかなか圧巻です。最近ではこうした風景は校内では珍しくはなくなり、各部の部員たちも自然体で撮らせてくれる場面がほとんどです。
草高写真部では1年生は、写真の基本とも言われる白黒フィルムを用いた作品からまずは取り組み、上記○印には個人作品はこの形式で出展します。2、3年生、1年生も○印の個人作品以外はフィルム、デジタルの選択は各部員が決めます。

現在のところ新入部員が1名ゆえ、デジタルカメラ、フィルムカメラ〔いずれも一眼レフ〕の貸し出し台数にいずれもまだ若干の余裕があります。1年生のみなさん、入部をと考えてみたならば、遠慮なく活動日に活動場所に来て、あるいは顧問に直接問い合わせてみてください。


20:22 | 部活紹介
2015/02/09

1年生が全員入賞!

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
 祝  部員全員が入賞者に!

2月6日(金)から8日(日)まで開催された 第30回埼玉県高等学校写真連盟〔以下;高写連〕 東部地区写真展 において、出展した1年生部員4名が全員入賞しました。内訳は下記のとおりです。
   自由部門
    ・優秀賞 1名
    ・優良賞 2名
   テーマ部門「流」
    ・優良賞 1名
4名はいずれも初入賞。今回の写真展をスタートラインとし、更なるステップアップが期待できる人物ばかりです。今後とも激励よろしくお願いいたします。
昨年度のように出展者全員が入賞とはなりませんでしたが、今回の1年生全員の入賞により、在籍部員(含:3年生)8名全員が入賞達成という結果となりました。部員全員が喜びを味わうことができたことに、顧問としてうれしさと安堵感とを感じています。さらに申し上げれば3年生2名は、高写連主催の写真展あるいは高校総合文化祭 高校写真展のいずれかで入賞を果たしており、1、2年生部員もこれに続く活躍をしてくれそうな気がしています。
と、申しますには理由があります。今回、2年生部員2名がもうあと1歩のところで惜しくも入賞を逃しました。この結果に対し、悔しさを表しました。過去、草高写真部においてこうした場面に遭遇したことは記憶にありません。スポーツの世界でも、負けて悔しがるアスリートは必ず伸びます。写真の世界も同じです。部員全員が入賞者になったことは大きな収穫ですが、見方によっては、この2年生たちの想いはこれを凌駕する収穫だったと言えます。この想いは1年生部員ひとりひとりにも確実に伝わっているものと確信しています。
今回の成果に満足せず、部員、そして顧問も、更なるステップアップへの第一歩に繋げていくに相応しい写真展であったと感じています。



  
09:38
2014/11/06

入賞しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問

 祝 入賞!!

 11月7日(金)から12日(水)まで開催される第31回埼玉県高等学校総合文化祭 高校写真展の事前審査が5日(水)に実施され、3年生の作品が、テーマ部門「水」で優良賞に入賞しました。
 入賞した生徒は前部長で、自らの技量向上とともに部のリーダーとしても常に全力で取り組みました。役員交代後もさらなる自己研鑽をつづけ、今回も自ら出展を申し出たほどの熱心な人物です。3年間の成果が実り、本年2月の東部地区写真展とともに、2度目の入賞となりました。
 最高学年の先輩が最後まで全力で活動したことをよき手本とし、後輩諸君も一層の奮起が期待できるものと確信しています。今後とも皆様からの激励よろしくお願いいたします。
10:56
2014/05/20

2014年度順調にスタート

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
草高写真部の2014年度のスタートは、本年度もすこぶる順調です。簡単ですが、現況をお知らせします〔5月20日現在〕。

1.メンバー
   総勢8名で、すべて女子です。3年生と2年生がそれぞれ2名ずつ、1年生は4名です。
    →2、3年生の倍の人数が新入部し、従前に増して賑やかになりました。

2.活動内容
   毎週火、水、金の放課後に活動しています。土休もこのところ写真展前以外でも毎週活動中です。土日連続は従前どお
   り極力避けるつもりです。

3.今後の予定
   ○第33回埼玉県高等学校写真連盟写真展〔6/25(水)~6/29(日)〕出展予定。
   ・夏季休業中の講習会(2回)に1年生が参加予定。
   ・草高祭出展予定。
   ○第31回埼玉県高等学校綜合文化祭高校写真展〔11/7(金)~11/12(水)〕出展予定。
   ・第30回埼玉県高等学校写真連盟東部地区写真展〔2月上旬〕出展予定。

1年生は、今となっては珍しくなった白黒フィルムを用いた作品制作を中心に活動しています。上記○印の写真展は個人作品はこの形式で出展します。他についてはフィルム、デジタルの選択は各部員が決めます。
本年の1年生は皆、活動に向き合う姿勢が元気です。、撮影した写真からもその力強さが存分に感じられます。ここ数年の抜群のチームワークに加え元気な新メンバーの加入により、草高写真部は今後も一層の活躍が期待できます。激励をよろしくお願いいたします。
17:06 | 部活紹介
2014/02/14

全員入賞しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
 
  全員入賞!
 
2月7日(金)から9日(日)まで開催された第29回埼玉県高等学校写真連盟〔以下;高写連〕東部地区写真展において、出展生徒4名が、なんと全員入賞しました。内訳は以下の通りです。
  自由部門
   ・優秀賞 2年生女子
   ・優良賞 1年生女子
  テーマ部門「時」
   ・優秀賞 1年生女子
   ・優良賞 2年生女子
テーマ部門で入賞した2年生の生徒は昨年6月の埼玉県高写連写真展につづき二度目の入賞。彼女以外の3名はいずれも初入賞です。
今回の写真展では、出展者全員が入賞したことに大きな価値がありました。最優秀賞に一歩届かなかったことを口惜しく思う気持ちは否定しません。が、部員みんなが入賞できたのは部員一人ひとりが常日頃から切磋琢磨を続けながら今なお成長をし続けている証であり、このことを素直に最も喜びたいと思います。今回の全員入賞を大きな糧とし、全員が更なる成長を遂げていけるよう顧問も合わせてがんばっていきたいと改めて強く感じた次第です。
シャッターを押す瞬間は確かに自分との戦い、即ち写真は個人戦です。が、部員たちが技量向上のために日々切磋琢磨をつづけている姿からは写真は個人戦の枠を超え、チーム一丸となって向かっていく団体戦の一面も有しているとも感じとれます。事実、作品の出展形態には「合作」も存在し、写真展やコンテストによっては「合作」すなわち団体戦で臨むチャンスもあります。
草高写真部のチームワークが向上し続けていることは常に実感しています。個人戦、団体戦ともに活躍できるようこれからも日々邁進しつづけるつもりです。あらゆる角度から激励していただけますよう、今後ともどうぞよろしくお願いします。
 

00:00 | 部活紹介
2013/06/19

入賞しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
  入賞2名!
 
6月26日(水)から開催される第32回埼玉県高等学校写真連盟写真展の事前審査が18日(火)に実施され、3年生女子と2年生女子の2名の作品が、自由部門で優良賞に入賞しました。
3年生女子は、すでにこのコーナーで何度も紹介した生徒で、今回で5大会連続入賞となりました。最終学年となってもなお積極的かつ真摯な姿勢を持ち続けており、まだまだ技量向上が期待できる人物です。
2年生女子は初受賞。日々着実に成長を続けてきた生徒であり、一層伸びる可能性の感じられる人物です。
今後も受賞者をはじめとして部員一同一層の成長のために、日々研鑽に努めていきたいと思っています。ご指導、激励をよろしくお願いいたします。
 
あわせて簡単ではありますが、近況をお知らせいたします。1年生が2名(いずれも女子)入部し、総計8名(すべて女子)でがんばっています。


00:00
2013/02/12

入賞しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
  入賞!!
 
2月8日(金)から10日(日)まで開催された第28回埼玉県高等学校写真連盟〔以下;高写連〕東部地区写真展において、2年生女子(1名)が、優良賞に入賞いたしました。
入賞した生徒は先の関東大会にも出展を果たしました。さらには昨年同時期の第27回東部地区写真展を皮切りに高写連ならびに埼玉県高等学校文化連盟〔高文連〕写真専門部がそれぞれ主催する写真展のたびごとに入賞し、今回で4大会連続での入賞となりました。常日頃から写真に対して真摯に向き合う姿勢を忘れずに活動を続けており、その成果であるといえます。
今後とも皆様からのご支援、激励をよろしくお願いいたします。
今後草高写真部では、校内は勿論、学校近隣での撮影活動の機会を一層増やす予定です。活動風景をお見かけになったときは、是非、部員たちを励ましていただければと思います。
 
   


00:00 | 部活紹介
2012/12/03

関東大会へ推薦されました

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
   関東大会!!
 
来たる2013(平成25)年1月29日(火)から2月3日(日)まで茨城県つくば市で開催される第19回関東地区高等学校写真展に、本校2年生女子の作品が推薦されました。推薦されたのは先日もお伝えした3大会連続入賞を果たした生徒で、作品は6~7月に開催された写真展で優秀賞をいただいた作品です。
この大会では関東地区1都7県(含:山梨)の高等学校文化連盟写真専門部から推薦された、10点以上30点以内の作品が展示されます。ちなみに埼玉県からは、6~7月ならびに11月開催の県の高校写真展出展作品1300余点のなかから30点の作品が推薦されました。
写真展は前記日程で茨城県つくば美術館〔つくばエクスプレス終点つくば駅から徒歩2分〕で開催されます。
今回の推薦を糧とし、更なる飛躍ができるよう部員一同顧問共々一層の精進をつづけてまいりたいと思います。これからもご支援ご指導よろしくお願いいたします。

00:00 | 部活紹介
2012/11/08

入賞しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問

   入賞!!
 
11月9日(金)から13日(火)まで開催される第29回埼玉県高校総合文化祭高校写真展の事前審査が昨日行なわれ、本校2年生女子の自由部門出展作品が優良賞に入賞しました。
入賞した生徒は本年2月の東部地区写真展(講師賞;入賞当時1年)、本年6~7月の埼玉県高等学校写真連盟写真展(優秀賞)につづき、3大会連続入賞となりました。
今後も尚一層の技量向上に精進しつづける覚悟です。ご支援ならびに叱咤激励よろしくお願いします。
写真展は埼玉会館〔浦和駅西口から徒歩5分ほど〕で開催します。多くの皆さんにご来場をいただき、ご意見ご指導賜りたくよろしくお願いいたします。

00:00 | 部活紹介
2012/06/25

入賞しました

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
 
  優秀賞
 
6月27日(水)から開催される第31回埼玉県高等学校写真連盟〔以下;高写連〕写真展の事前審査が去る20日(火)に実施され、2年生女子の作品がテーマ部門「高校生」で、優秀賞を受賞しました。
高写連主催の写真展は、毎年6月下旬に開催されます。11月上旬にも埼玉県高等学校総合文化祭高校写真展が開催され、この2つの写真展が埼玉県の高校の写真部にとって、とても大きな校外写真展となります。いずれにおいても自由部門あるいはテーマ部門のいずれかに出品することになります。
今回、テーマ部門には165点の出展がありましたが、審査の結果最優秀賞は該当作品がなく、単に順位だけで見れば、なんとトップ(他に優秀賞1点あり)。しかし、これに満足せず、更なる技量向上に向けて努力を継続させていく覚悟です。
あわせて、その後1年生女子が1名入部し、現在は6人体制(2年生、1年生各3名;すべて女子)です。
 


00:00 | 部活紹介
2012/04/19

2012年度新体制スタート

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問

草高写真部も順調な新年度のスタートを切りました。ここで、簡単ではありますが、写真部の活動を紹介します〔4月19日現在〕。
 
1.現況
  ・部員数5名(2年女子3名、新1年女子2名)です。
   →1年生が2名、正式に入部しました。
2.活動内容
  ・基本的に火、水、金曜日通常15:50から化学室(南校舎1階)で活動します。写真展など大きな行事の前などは、土日も活動
   します(土日連続は極力避けています)。
  ・状況に応じ、授業日以外の日(土日や代休など)に校外撮影会、著名な写真家の講演会の聴講や作品展の作品鑑賞も実施
   します。
3.今後の予定
  ・第31回埼玉県高等学校写真連盟写真展〔6月27日(水)~7月2日(日)〕に出展予定。
  ・夏季休業中に実施される技術講習会(2回)に出席予定。
  ・草高祭出展。
  ・第29回埼玉県高等学校総合文化祭高校写真展〔11月9日(金)~13日(火)〕に出展予定。
  ・第28回埼玉県高等学校写真連盟東部地区写真展〔2月上旬〕に出展予定。
 
草高写真部は、デジタル写真、銀塩(フィルム)写真の両方に取り組んでいます。現在のところ銀塩写真用の一眼レフの貸し出し台数にはまだ若干の余裕があります。デジタル一眼レフは、今後貸し出し可能台数を増強する予定です。、機種によってはご自身所有のカメラで活動してもらっても構いません。特に新入生の皆さん。入部してみようと思ったならば遠慮なく問い合わせてください。

00:00 | 部活紹介
2012/02/06

祝 入賞

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
  祝 入賞!!

 2月3日(金)から5日(日)まで開催された第27回埼玉県高等学校写真連盟東部地区写真展において、1年生女子(1名)が、講師賞に入賞いたしました。
 講師賞とは、全出展作品の中から、写真展期間中に開催される研修会の講師を務められるプロの写真家の先生から認められた作品に与えられる賞です。いわば、プロを唸らせる作品と言えます。
 今回の写真展は過去にも毎年継続して開催されていましたが、公立高校の入試日程の関係で2年間中断していました。今回これを復活させて開催されたものです。よって現在在学中の部員たちにとっては、3年生も含め皆初めての行事です。名称こそ地区写真展ですが、県単位で実施の写真展を東西南北各地区単位で実施するもので、実質県単位の写真展と位置づけてよい作品展です。
 今回の受賞をステップに、部員一同一層精進を続けて行きたいと思っています。そして、さらなる大きな舞台に立つことを目標に据え、その達成に向けてまい進して行きたいと思います。

00:00 | 部活紹介
2011/08/05

写真部最新情報

Tweet ThisSend to Facebook | by 写真部顧問
1.現況
   ・部員数7名(3年女子3名、1年女子4名)で活動中です。
2.活動報告
   ・先般開催された第30回埼玉県高等学校写真連盟写真展に出展しました。
    ⇒出展作品11点(3年生一人1点ずつ、1年生一人2点ずつ)。
   ・7月31日(日)開催の第1回技術講習会に1年生3名参加。
    ⇒デジタル写真の画像加工、パネル作成の講習を受けました。
3.今後の予定
   ・第2回技術講習会〔8月8日(月)〕に1年生3名参加予定。
    ⇒デジタル写真の撮影、画像加工、プリントアウトなどを予定しています。
   ・草高祭にて作品展示。
    ⇒昨年度の草高祭以降に制作した作品を展示します。
   ・第28回埼玉県高校総合文化祭高校写真展〔11月13日(日)~16日(水)〕に出展予定。
    ⇒1年生は前回の写真展同様、一人2点出展する予定です。
   ・第27回埼玉県高等学校写真連盟東部地区写真展〔2012年2月3日(金)~5日(日)〕に   
    出展予定。   

00:00 | 部活紹介